記事

宇多田ヒカルや宮本浩次他『みんなのうた』に登場した意外な名

『パプリカ』は『みんなのうた』で放送され大ブレーク

 1961年4月にスタートし、来年で放送60年を迎えるNHK『みんなのうた』。1961年『おお牧場はみどり』や1976年の『山口さんちのツトム君』、2007年『おしりかじり虫』など、この番組から生まれた名曲は1500曲に及び、ヒット曲が生まれたり、放送中のうたにファンサイトが誕生したりと注目を集め続けている。
 
 あまり知られていないが、そんな『みんなのうた』はあの有名歌手も歌っていた!

 2002年に平井堅(48才)の歌声で大ヒットした『大きな古時計』。実は1962年に立川清登さんと、長門美保歌劇団児童合唱部の歌唱でも放送され、日本中に浸透したうたでもある。

 2006年、宇多田ヒカル(37才)が『ぼくはくま』を担当。宇多田自身が片時も離さないくまのぬいぐるみをモチーフに制作した作品。

 1976年、当時10才でNHK東京放送児童合唱団に所属していた宮本浩次(53才)が歌った『はじめての僕デス』。宮本はそれから40年後にエレファントカシマシでも『風と共に』(2017年)を披露した。

 NHK全国学校音楽コンクール、通称Nコンからも多くの楽曲を放送。いきものがかりの『YELL』(2009年)などはアーティストが歌う『みんなのうた』でも放送され、さらに全国区に。

※女性セブン2020年3月5日号

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  2. 2

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  3. 3

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  4. 4

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  5. 5

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  6. 6

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  7. 7

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

  8. 8

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

  9. 9

    24枚ににじむ小室圭さんの“悔しさ”  ネガティブなイメージは払拭されるのか

    文春オンライン

    04月10日 13:56

  10. 10

    「日本で働くから英語は要らない…」これからノーチャンスになる人の根本的勘違い

    PRESIDENT Online

    04月10日 11:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。