記事

「ビュッフェでオレンジをこっそりバックに…」お金持ちほど“ケチ”になるのはなぜか セレブに学ぶ「お金の使い道」 - 花輪陽子

1/2

 女優でタレントの飯島直子さんが最近ハマっていることとして、「牛丼の松屋で紅ショウガを10袋持ち帰っている」と語るや、「無料とはいえ、やり過ぎだ」とネットで炎上する騒動がありました。

【画像】この記事の写真を見る(全6枚)

「無料とはいえやり過ぎ」の声……飯島直子、松屋の紅ショウガ10袋持ち帰りで“プチ炎上”
https://bunshun.jp/articles/-/28405

 成功をした芸能人や富裕層が「持ち帰る必要ある?」とびっくりすることもあるでしょう。しかし、お金持ちは人一倍ケチで、もったいない精神が強いという特徴があるのです。

昼からシャンパンを飲む富裕層も「お持ち帰り」

 筆者が暮らしているシンガポールは家計金融資産が1億ドル(約110億円)を上回る「超富裕世帯」の割合が、香港(10万世帯あたり15.3世帯)に次いで世界2位(同14.3世帯)です(2015年のボストンコンサルティンググループの世界の家計金融資産に関する調査)。

 先日、金正恩も宿泊したという5つ星ホテルでアフタヌーンティーをしていたのですが、店員がビュッフェ台を片付けると言うと、台に置いてあったオレンジとプラムを持ち帰ろうと、バッグに入れている人を見かけました。アジア人のカップルでしたが、優雅にシャンパンなどをいただくようなお金持ちだったので驚きました。

©iStock.com

 シンガポールでは余った食べ物を持ち帰る場合は、店員に聞いてパックしてもらうのがマナーです。私も聞いてみたところ、子供が食べ残したスコーン(テーブルにサーブされた)はOKでしたが、トレイで出されたクリームの付いたケーキ類はNOと言われました。ましてやビュッフェ台の食べ物は持ち帰らないのがマナーです。ヨーロッパに長く住んでいる人や欧米人は特に厳しい目で見るようです。

 とはいえ、アジアを始めとした海外の多くの国では自分が注文をした食べ物に関しては自己リスクで大抵の物は持ち帰ることができます。「テイクアウェイ」(イギリス英語)、「トゥーゴー」(アメリカ英語)などと言えばパックしてくれます。

 なかには、スープに入っていた鶏肉の骨なども持ち帰った人もいます。外食の際の食べ残しを持ち帰るための容器をアメリカの外食産業では「ドギーバッグ」と呼ぶようですが、犬用だったのかもしれません。その他にも「メイドにあげる」などと言ってほんの少しでも残っていると必ず持ち帰る人が多いです。

「金持ちから1円の税金を取るのは、貧乏人から1万円を取るより難しい」

 ホテル、銀行、高級ブランド店などでも水やジュースなどを出される場合があります。銀行のラウンジに行くと、用もないのに私用の打ち合わせなどをしている人を見かけます。平日の昼間なのでお金のある高齢者のようでした。

 また、高級ブランド店で試着だけして、水などをもらって帰る強者もいると聞きます。アパレル企業が主催するパーティーなどでも購入しているのはほんの一部で、飲食目当てに来ている人も多い印象です。日本でも粗品のサランラップやティッシュペーパーなどを使っている富裕層は多いですが、海外でも銀行のロゴ入りのペットボトルを自宅で見かけることもあります。

「金持ちから1円の税金を取るのは、貧乏人から1万円を取るより難しい」と言ったりもしますが、無料で接待し慣れているのでサービスフィーを請求することが非常に難しいこともあるようです。

あわせて読みたい

「セレブ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  2. 2

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  3. 3

    感染者分析 オヤジは夜街出るな?

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    よしのり氏 都の外出自粛を批判

    小林よしのり

  5. 5

    音喜多氏 小池知事の会見は有益

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    麻生氏 通貨スワップ韓国に問題

    ロイター

  7. 7

    映画に学べ 今見るべき感染作3選

    松田健次

  8. 8

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  9. 9

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

  10. 10

    なぜ迷走?日本の新型コロナ対策

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。