記事

中国の不良債権比率、目先小幅上昇へ 影響は限定的=銀保監会

[北京 25日 ロイター] - 中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)は25日、同国の不良債権比率が短期的に上昇する見通しであるものの、影響は限られるとの見解を示した。国営紙の金融時報が伝えた。

新型コロナウイルスの感染拡大による影響を和らげるため、中国当局は一部の企業に融資の返済猶予を認めるなどの一時的な対策を打ち出している。

しかし銀保監会の報道官はこれらの対策について、条件および期限付きだと指摘。経済環境が通常の状態に戻った後に企業が融資を返済できなければ、それらの融資は不良債権として分類されると警告した。

中国の銀行システムには不良債権比率の小幅な上昇に対処できるだけの十分な資本準備があると同報道官は付け加えた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  3. 3

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  4. 4

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  6. 6

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  8. 8

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  9. 9

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  10. 10

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。