記事

新型「ルークス」は日産のブランド力回復につながるか

日産は25日、新型軽自動車「ルークス」の発表会をインターネット中継で行いました。日産にとって2020年の新車第一弾となる新型「ルークス」。果たして日産のブランドイメージ回復に貢献できるでしょうか。

軽自動車のカテゴリーでは、ホンダの「N‐BOX」、ダイハツの「タント」など、スーパーハイトワゴンと呼ばれるモデルの需要が伸びています。広い室内、使い勝手のよさなど、ファミリー層のニーズを踏まえているからですね。

つまり、日産の新型「ルークス」は、激戦の軽スーパーハイトワゴン市場に真っ向勝負を挑むことになります。

「ミニバンの使い勝手と軽の運転のしやすさを両立させました」と、チーフエンジニアの斎藤雄之氏は述べました。

新型「ルークス」は、クラストップレベルの広い室内空間のほか、開口幅650mmの後席スライドドア、車体下に片足をかざすだけで開閉できるハンズフリーオートスライドドアの採用などが特徴です。

また、前席のシートのヒップポイントを60mm高くしたことによって、広い視野を確保しています。

さらに進化した運転支援技術「プロパイロット」の搭載のほか、新たにミリ波レーダーを追加搭載し、より遠くの先行車の状況を検知することが可能になっています。

日産の国内新車販売が振るわないもっとも大きな理由は、カルロス・ゴーン元会長の問題が尾を引いているからですね。まずは、魅力ある新車を発表して日産のイメージ回復を図る必要があります。

にもかかわらず、日産の19年のニューモデルは、軽自動車「デイズ」のフルモデルチェンジ、「スカイライン」のマイナーチェンジ、「セレナ」のマイナーチェンジだけでした。

日産が2020年の新車第一弾として、人気の軽スーパーハイトワゴンを投入したことは、日産の国内販売にとってはもちろん、日産のブランドイメージ回復にとっても大きな意味があるといえます。

新型「ルークス」は、競合の「N‐BOX」、「タント」と互角に戦うことができるかどうか。いや、それ以上に重要なのは、日産が技術の優位性をアピールすることで、ブランド力の回復を図ることではないでしょうか。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    玉木代表は「分党」の考え見直せ

    おくの総一郎

  3. 3

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  4. 4

    日本の徴用工補償「筋通らない」

    文春オンライン

  5. 5

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  6. 6

    日英で違う終戦記念日の過ごし方

    小林恭子

  7. 7

    天皇が靖国神社を参拝しない背景

    幻冬舎plus

  8. 8

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  9. 9

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

  10. 10

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。