記事

“見えない障害”…一命を取りとめた後に残った「高次脳機能障害」に向き合う人たち

1/2


 「高次脳機能障害」。脳がダメージを受けることで、記憶や感情、視覚などがうまくコントロールできなくなる障害だ。一見しただけではわかり辛く、周囲に理解されずに苦しむ人も少なくない。「命が助かる一方で、後遺症を持って生きていく人の割合が増えているのではないか」。専門家はそう指摘する。

 そんな「見えない障害」に向き合う人々を見つめた。
 

■高速道路を運転中、激しい頭痛と吐き気に襲われ…


 福岡市に住む主婦の深町伊久美さん(当時45)と私たちが出会ったのは2016年のこと。マラソンへの出場に向けて練習に励む選手の一人として取材したのがきっかけだった。決して弱音を吐かない、前向きな女性だった深町さん。しかし3年後、彼女の人生が一変する。

 去年7月。入院中の父親の見舞いに行くため、一人で高速道路を走っているときのことだった。「思いっきり輪ゴムを引っ張って、ギリギリのところで輪ゴムが負けてパツンとなる、あんな感じ」。


 そのときの様子をドライブレコーダーが記録していた。突然、激しい頭痛と吐き気に襲われた深町さんは運転することができなくなり、車を路肩に止めようとする。しかし車は側壁に衝突。強い衝撃が加わる。そして、「誰か!誰か!誰か!早く来て、怖い!」。助けを求める深町さんの声。

 意識が朦朧とする中、119番通報をする。「火事ですか?救急ですか?」「早く来てください!怖い!」「救急車ですか?救急車ですね。ケガされてる方はおられますか?」「わかんないです。私が運転してたら頭が痛くなって、走ってる感覚もなくなって、フラフラして。手も自由が利かないんです。早く来て!怖い!頭も痛いし、目に入ってくるもの見たらフラフラして、なんか分かんない」。

 そして駆けつけた救急隊。深町さんは搬送されながら「足がだめ、足がだめ、足がだめ」と叫び続けていた。


 治療に当たった久留米大学病院の梶原壮翔医師は「脳卒中を疑って診察を開始した。左側は視野が欠けているような状態で、半側空間無視もあったので、間違いなく脳卒中だと」と話す。

 一命を取りとめ、手足の麻痺などの後遺症も残らなかったものの、脳出血により脳がダメージを受けた。

 脳は思考や判断、全身の感覚、視覚など、部位によって役割が細かく分かれており、脳卒中や事故などでダメージを受けると、その部分が担っている機能に障害が出てしまうのだ。このうち、記憶や注意、言語や感情のコントロールなど認知に関わる障害を「高次脳機能障害」といい、全国でおよそ50万人の当事者がいると推計されている。深町さんにも、高次脳機能障害が残った。
 

■周囲に支えられ、再スタートを切った男性も


 「ここです。この辺に立っていて轢かれました」。2013年春、通勤中に車にはねられた瀧本龍さんは、軽傷だったものの、頭を打ったことから高次脳機能障害の後遺症が残った。そのため過去の記憶が抜け落ちたり、新たな情報を覚えにくかったりする「記憶障害」を抱えている。

 実家に戻っても、「ここが実家?ここだっけ?って感じでした」。どこで生まれ、どう育ったのか、記憶はある日を境に途切れている。母・栄子さんは「親の存在が記憶にない。弟も記憶にない。どういう状況だった?って聞いても、記憶がないから、こっちは何のしようがない」と話す。

あわせて読みたい

「障害者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  3. 3

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  4. 4

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  5. 5

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  6. 6

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

  7. 7

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  8. 8

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  9. 9

    デリヘル店長語る歌舞伎町の惨状

    文春オンライン

  10. 10

    遅い意思決定 官邸は相当混乱か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。