記事

「時短勤務で給料そのまま」を実行した社長は、他の社員をどう説得したか

1/2

共働きが当たり前の時代に育ったイマドキの富裕層たちは、自分のパートナーにも仕事で活躍してほしいという価値観を持っているといいます。そしてそのことは、彼らの職場づくりにもダイレクトに表れているとか。多くの1億円プレーヤーとの交流がある午堂登紀雄さんが解説します。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Yagi-Studio)

昔の富裕層は妻を専業主婦にしたがる

昭和の時代に育った富裕層は奥様を専業主婦にしたがる人が多く、平成の時代に育った富裕層は奥様が社会に出て活躍するのを応援する人が多い傾向があります。

やはり専業主婦が主流の時代と、夫婦共働きが主流の時代という、育った環境の影響が大きいと思われます。

その違いは、彼らが経営する会社の諸制度やオフィス環境にも表れています。

実際、昨今の若手経営者のほとんどは、会社の創業当初から女性の活躍を支える制度や体制を導入し、仕事と子育ての両立ができるようにしています。

知人の経営者(男性)に聞いた話ですが、女性従業員の一人が出産し、復職の話になったそうです。そして彼女から「すぐに復帰はするが時短勤務にしたい」という提案を受けたとき、彼は二つ返事でOKを出しました。しかも「給料はそのままで」。

“時短勤務で給料そのまま”の理由

そう決断した彼の理屈はこうです。

「優秀な女性であれば、10時~16時の時短勤務であっても、9時~17時勤務の人と同じか、それ以上のパフォーマンスを発揮する。であれば正規の給料を払うのに何の問題もないだろう?」

彼の会社は女性向けの就職・転職あっせんやキャリアカウンセリングサービスを行っており、全従業員約50人のうち8割以上が女性ゆえに、女性スタッフの活用は会社の生存そのものがかかっているといっても過言ではないという状況です。

彼は、会社がそういう方針(能力さえあれば、育児しながら収入を減らさず働ける)であることを、社内で公表できるいい機会だったといいます。

「そんな働き方をしてもいいんだ」と、他の女性スタッフにも安心感を与えることで、「育児との両立ができる会社」「長く働ける会社」と思ってもらえる。そうして優秀な女性人材が辞めてしまうリスクを下げられるというわけです。

独身女性からの不満は出ないのか

この話を聞いて、私は一つの疑問がわきました。

「それでは、未婚女性や子どものいない女性社員から、『不公平だ』と不満が出るのでは?」

それを彼に聞いてみたところ、そこは時短勤務とフルタイム勤務に関係なく、あくまで成果による評価を行うことが前提である。なので評価を毎年見直して対応する点を、事前に社員にしっかり説明することが大切だそうです。

では、なぜ彼はそこまでして彼女たちを引き留めるのでしょうか。

彼が言うには、自社の業務に習熟し、その会社の風土を理解した社員が定着することは、採用や教育といったコストの面だけではなく、スキルの伝承や企業の成長にも欠かせない。それに彼女たちは、何年も勤めて自社や顧客のことをよくわかっている。

「そんな人には、男女に関係なく、長く定着してもらいたい。だから会社の制度に合わせてもらうのではなく、社員一人ひとりに合わせてでも働きやすい環境を整備したほうが合理的だ」

とのことです。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。