記事

橋下徹「仕事がつまらないと愚痴る人に共通すること」

1/2

「つまらない仕事ばかりを振られる」と嘆く人がいる。元大阪府知事の橋下徹氏は「今の仕事は自分の商品価値を表している。自分に振られる仕事の質を高めたいなら、まずは圧倒的な量をこなすことが必要だ」と指摘する――。

※本稿は、橋下徹『異端のすすめ 強みを武器にする生き方』(SB新書)の一部を再編集したものです。

「スピード」を買われて政治家に

自分のウリに基づいた仕事は、圧倒的な量をこなせば、自然と質が上がっていきます。すなわち、ウリに磨きがかかってくる、ということです。質は量をこなすことによってこそレベルアップするものであり、質だけをレベルアップするのは非常に困難なのです。

新刊では「後悔しない生き方」を伝えている - 撮影=的野弘路

僕も、大阪府知事選挙の誘いの件で、初めてお目にかかった故・堺屋太一さんから「橋下さんは、すごく仕事が速いんだってね」と言われて驚いたことがあります。

僕自身は自分の「スピード」というウリを必死に貫き、日々量をこなしていただけですが、そのウリは仕事相手や周囲に認められて、僕の知らないところで、堺屋さんの耳にまで聞こえていたんだとうれしくなりました。

堺屋さんは、僕の仕事の速さを第一に評価してくださり、大阪府知事選挙に誘ってくださったのです。当時は、茶髪にサングラスで、Gパン革ジャンの弁護士です。普通なら大阪府知事に相応しい人物と評されることはないでしょうが、堺屋さんは、僕の最大のウリのスピードを評価してくださいました。

そして、僕は大阪府知事選に出馬して当選し、政治家の道を歩み始めたのです。自分のウリが、大阪府知事につながったのです。

時間無制限の記者会見で、大量のメッセージを発信

圧倒的な量をこなす重要性は、その後もずっと感じています。

知事や市長だった頃には、他の政治家から「橋下さんは、よくメディアで取り上げられていいですね」などと言われましたが、それは「メッセージの発信量」において僕が圧倒的だったからでしょう。大阪府庁内で週に1度行われていた定例記者会見は、質問がなくなるまで時間無制限でやっていました。2時間や3時間にわたって記者の質問に答え続けることもよくありました。

その定例記者会見とは別に、朝の登庁時と夕方・夜の退庁時にも、役所の廊下で僕が立ったまま記者の質疑に対応する通称「ぶら下がり」も、毎日、質問がなくなるまでやっていました。大きな会議やイベントがあったときも同様です。

記者会見を時間無制限にしていた理由は、知事・市長・国政政党の代表という権力者の立場に就いた以上、国民から不断の監視を受ける必要がありますし、国民に対しても情報提供する義務が生じるからです。

国民ひとりひとりに対応するわけにはいきませんから、テレビカメラの向こうに存在する国民や、新聞・雑誌を読んでいる国民を想定して対応していたつもりです。

「メディアが報じてくれない」は政治家の愚痴にすぎない

このような考えですから、ただ単に時間無制限にしていい加減に答えていたわけではなく、国民が納得できる返答ができるよう、日ごろの準備も怠りませんでした。僕は、しばしば賛否両論が沸き起こる強烈なメッセージを放つこともしていましたが、そういうときほど記者がどれだけ意地悪な質問をしてきたとしても持論を展開できるよう、完璧な準備をしていました。これは、テレビに出演する際に持論を展開できるようにしっかり準備していたのと同じです。テレビ出演の際に一生懸命行動していたことが、ここで活きてきた。面白いものです。

ここまでのことをやって、やっと、そのうちのほんの少しのメッセージが、メディアで報じられるという感じです。1万のメッセージを記者に発して、やっと1くらいが報じられるという感じでしょうか。そうであれば 10のメッセージを報じてもらおうと思ったら、10万のメッセージを記者に発しなければなりません。1を発して、そのまま1を報じてもらえるようなものではないのです。

「俺がしゃべっても、全然メディアは報じてくれない。橋下さんはうらやましい」と愚痴を言っている政治家に限って、そもそもの発信量はまったくもって少ないし、あえて報じる価値もない、誰もが言うようなことをダラダラと記者に話しているだけです。

「○○の誰それ」と呼ばれる時、自分の価値が高まる

弁護士から始まり、タレント、知事・市長・国政政党代表とさまざまな「強み」を掛け算してきてもなお、僕は圧倒的な「量」をこなしていたつもりです。

自分のウリは、圧倒的な量を実行することで磨きがかかり、やがて自分の代名詞になっていきます。

「スピードの橋下」というウリが定着していたように、政治家であった僕に「発信力の橋下」「実行力・改革力の橋下」というようなウリが定着していたとすれば、その裏には膨大な量をこなしていたという事実があります。実際、今は、「実行力」「改革力」というテーマでの講演会依頼が非常に多くなっています。

自分が「◯◯の誰それ」と呼ばれるようになったとき、自分の商品価値は一気に高まるということです。

もし、「これだけやったのに結果が出ない」「こんなにがんばっているのに、なんで評価してもらえないんだろう」と思うことがあったら、それはまだ、圧倒的な量をこなしたという領域にまでは達していないんだと反省し、改めて行動の量を増やしていくべきです。

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  6. 6

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相に振り回され続ける日本

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。