記事

関電・高浜原発4号機、“アキレス腱”の蒸気発生器に損傷。一基に、厚み1・3㎜の管が3382本、1本でも破断すればメルトダウンの可能性

1/2
「関電の原発マネー不正還流を告発する会」は3272人の告発人を集め、2019年12月13日に大阪地方検察庁に告発状を提出した。闇マネー問題で揺れる関電に、今度は高浜原発4号機(福井県)のトラブルがかぶさってきた。蒸気発生器の細管に損傷が見つかったのだ。損傷数は少ないが、原因が特定できていないことが問題だ。

蒸気発生器は、原子炉から出てくる高温高圧の水(熱湯)を熱交換して蒸気を作り出す装置である。4号機では原子炉から排出される熱湯は157気圧、約320℃。蒸気発生器で約70気圧266℃の蒸気をつくり、タービンに送られる。タービンに接続された発電機は870万kWの電力を作り出す。

蒸気発生器は高さ20mを超える巨大な装置で、内部には一基あたり3382本の細い管が逆U字型にめぐらされている。細管は外径が22・2㎜と細く、管の厚さはわずか1・3㎜。どれか1本でも完全に破断すれば(ギロチン破断と呼ばれている)、高圧の原子炉水が蒸気側に勢いよく流れ出し、蒸気となって大気に吐き出される。この状態が続けば、原子炉水はどんどん流れ出て、ついには炉心溶融(メルトダウン)に至る。蒸気発生器は、加圧水型原発の〝アキレス腱〟ともいわれる設備だ。

実際に1991年2月に美浜2号機(福井県)でギロチン破断が起きた。原子炉水が破断した細管から勢いよく2次系に流れ出し、蒸気となって大気に噴き出した。緊急炉心冷却装置(ECCS)が作動しても水を炉内に十分に送り込むことができず、あわや炉心溶融の大惨事になる寸前だった。

この事故の原因は、蒸気発生器細管の上部に挿入されている触れ止め金具が設計通りに設置されていなかった施工ミスだとされた。細管内は、流れる水の勢い(毎秒3m程度)と沸騰する泡の影響で常に細かく振動し続けている。金具の位置が悪かったため、震動が想定よりも大きくなり破断したというのだ。



蒸気噴出の瞬間はドカンと大きな音がし、周辺住民にも聞こえたという。住民たちは13時台の事故を夕方のニュースで知った。原子力資料情報室は直ちに「崖っぷちに立たされた私たちの命」というリーフレットを作成し、事故の深刻さと問題点を浮かび上がらせた。

あわせて読みたい

「高浜原発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。