記事

仏ルノー、ゴーン被告に賠償請求へ 当局の本格捜査受け


[パリ 24日 ロイター] - 仏自動車大手ルノー<RENA.PA>は24日、前会長カルロス・ゴーン被告による会社資金の不正使用疑惑を巡り、当局が本格捜査を開始したことを受け、損害賠償を求める方針を明らかにした。

ルノーは被告が起訴された際に被害者側が民事上の損害賠償を請求できる手続きを申請したと発表した。同社は発表文書で「司法当局に引き続き、完全に協力していく」とした上で、ルノーは「捜査結果に基づき、損害賠償を請求する権利」を保有するとした。

フランス検察当局は19日、ゴーン被告がルノーの会社資金を不正使用した疑惑について、容疑者の拘束や国際手配などの権限がある予審判事に捜査の指揮を委ね、本格捜査を開始すると発表した。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  3. 3

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  10. 10

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。