記事

米成長見通し、第1四半期1.2%に下方修正 新型肺炎が重し=ゴールドマン

[24日 ロイター] - ゴールドマン・サックスは、第1・四半期の米経済成長率見通しを1.2%とし、従来の1.4%から下方修正した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けると予想されるため。CNBCが24日、報じた。

ゴールドマンの首席米国エコノミスト、ヤン・ハチウス氏は「新型ウイルスが封じ込められるまで、リスクは明らかに下向きに傾いている」とし、「供給網の阻害が第2・四半期以降も継続した場合、多くの米企業は生産を削減せざるを得なくなるとの見方を示している」とした。

ただゴールドマンは、米製造業者の在庫水準は高いため、供給網の阻害に起因する米経済への影響は「わずか」に過ぎないと指摘。新型ウイルスが封じ込められれば、第2・四半期の米経済成長率は2.7%に回復するとの見方を示した。

米経済成長率は2019年第4・四半期は2.1%、19年全体は2.3%だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊田章男氏が断言「雇用を守る」

    片山 修

  2. 2

    緊急事態宣言も緊迫感ない芸能界

    渡邉裕二

  3. 3

    コロナより東京五輪重視したツケ

    WEDGE Infinity

  4. 4

    東京都が休業を要請する施設一覧

    AbemaTIMES

  5. 5

    反日中国人にも愛される蒼井そら

    PRESIDENT Online

  6. 6

    給付制度に橋下氏「分からへん」

    橋下徹

  7. 7

    国民の理解得ぬコロナ議論は不毛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    石破氏 緊急事態煽る報道に疑問

    石破茂

  9. 9

    野党共闘を牽引する山本太郎氏

    内田樹

  10. 10

    どうぶつの森を使い中国に抗議か

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。