記事

脱法ハーブ関連の事件・事故がミシガン州で続発

五大湖に臨むミシガン州、自動車工業の町デトロイトの周辺に広がる、閑静で裕福な住宅地に、この春以降、脱法ハーブの嵐が吹き荒れています。脱法ハーブを吸う少年と家族の間に相次いで起きてしまった殺人事件の衝撃が、この地域の人々を立ち上がらせたと言ってよいでしょう。

アメリカでは、脱法ハーブ(「合成大麻」と呼ばれる)や「バスソルト」などのドラッグが、ガソリンスタンドやコンビニ店で販売され、少年たちの身近に供給されています。もちろん、連邦でも各州でも、こうした脱法ドラッグの法規制をしていますが、販売業者側は規制に対応して成分をほんの少し変更して販売を続けるという、イタチごっこが繰り返されてきました。

脱法ハーブをめぐって、あまりにも凄惨な事件や、悲惨な物語が展開されたミシガン州では、脱法ドラッグ販売を抜本的に封じ込めるための法改正が行われ、7月に改正法が施行されました。

地域住民を動かした最近の話題を、地元メディアから拾い上げてみましょう。

①2012年4月16日にミシガン州で起きた殺人、傷害事件
19歳の少年が父親を野球のバットで殴って殺害し、母親と兄弟に重傷を負わせた事件。少年と、共犯の20歳の若者の2名は、深夜自宅のガレージに押し入って車に積んであった父親のクレジットカードを盗み出し、そのカードで現金を下ろして脱法ハーブを購入した。ハーブを吸った後、再び自宅に戻り、金属バットで父親を殴って殺害し、とめようとした母親と兄弟に重傷を負わせた。

19歳の少年は、事件の前、友人たちにしきりに「誰かを殺して切り刻んでやる」などと話し、また近所の家に押しいって金を奪うことなどを話していたという。

共犯者の若者は、家出してホテルや友人の家を泊まり歩き、車で寝ることもあった。彼はレストランの給仕のアルバイトとして働いていたが、勤め始めて2月ほど経ったころ急に勤務態度が変わり、事件の3日前に解雇されていた。主犯の少年と知り合って1月ほどだったという(下記①参照)。

②5月18日、祖母が孫を射殺という痛ましい事件が発生
5月18日、デトロイト郊外の住宅地で、痛ましい事故が発生した。「撃たれた、もう死ぬ」という緊急通報を受けて現場に急行した警察官が発見したのは、ヒステリー状態の年配女性と、血まみれで倒れている少年。74歳の祖母は、自分が、同居していた17歳の孫を銃で殺害したという。

両親の事情から祖母に引き取られていたこの少年は、当時、大麻の所持で保護観察中。この日、保護観察所のミーティングで受けた尿検査で「スパイス」陽性の結果が出た。少年は刑務所に入れられるのではないかとおびえて逃走しようと、祖母に金と車を要求し、争いになった末、少年に脅された祖母は銃の引き金を引いたのだという。7月にはいって殺人罪に問われた祖母の公判が開始されているが、事件の詳細は、事件に至るまでの経緯とともに、近く、祖母本人の法廷供述で明らかにされると弁護人は発表している(下記②参照)。

③青少年に相次ぐ健康被害
デトロイト近郊のトロイ市では、合成大麻に関係した青少年の事故が続いている。5月中旬の数日間に、公園で「スパイス」を吸った少女が、急に強い幻覚に襲われパニックを起こし、16歳の少年が支離滅裂な行動で救急搬送され、19歳の少年が無謀運転で逮捕されるという事態が続いた。

青少年の事故が相次ぐ中で、トロイ市の地元メディアは、地方裁判所のニールセン・ハーティグ判事の意見を掲載した。判事は、K2やスパイスなどの合成大麻が販売され、健康被害が続発しているとして、「合法」として販売されているこうした薬物の危険性について、強く訴え、また、同月、市内で開催されるK2/スパイス・フォーラムへの参加を呼びかけている。フォーラムのパネリストは、医師や救急医療の現場スタッフ、薬物依存少年のケアに当たるカウンセラーや元乱用者など。わが子に合成大麻使用の問題が起きたときに、薬物検査をしてくれる場所を知り、治療やカウンセリングを受ける方法をぜひ知っておいてほしいと判事はいう(下記③参照)。

④ 5月26日、18歳の少年が脱法ハーブを吸引して死亡
5月末の週末、デトロイト郊外の閑静な住宅地の湖畔で、18歳の少年が死亡した。警察の発表によると、少年の死亡は脱法ハーブの使用によって引き起こされたものだという。解剖結果は薬物使用による原因不特定の死亡とされ、引き続き毒物検査が行われている(下記④参照)。

[参照記事]
① Detroit Free Press>Tucker Cipriano plotted for weeks to kill his family, friends tell police(May 3, 2012)
http://www.freep.com/article/20120503/NEWS03/205030557/Cipriano-plotted-to-kill-his-family-friends-say

② The Detroit News>Grandmother formally charged with murder in teen's shooting(July 12, 2012)
http://www.detroitnews.com/article/20120712/METRO02/207120440

③ Troy Patch>Judge: K2 and Spice are 'Legal, Lethal and Available' in Troy(May 18, 2012 )
http://troy.patch.com/articles/judge-hartig-k2-spice

④ The Detroit News>Bloomfield Township teen's death prompts incense-smoking alert(May 30, 2012)
http://www.detroitnews.com/article/20120530/METRO02/205300351

あわせて読みたい

「脱法ハーブ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  3. 3

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  4. 4

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  5. 5

    桶川事件20年 警察が隠した怠慢

    BLOGOS編集部

  6. 6

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  7. 7

    麻生氏に批判殺到「反社のよう」

    女性自身

  8. 8

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    大塚家具&ヤマダ電機 提携の行方

    ヒロ

  10. 10

    野村克也氏 大谷は下半身を磨け

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。