記事

相模原駅のJR職員が新型感染で駅や電車を封鎖するのか?〜封じ込めではなく共存路線の転換を

新型コロナウイルスにJR相模原駅で勤務していたJR東日本の社員が感染していたことがわかった。
接客業務はしていないという。
じゃあもし接客業務をしていたらどうするのか?
駅を2週間封鎖するのだろうか?
駅員と接触した可能性のある相模原駅の全利用者を2週間自宅待機にするのか? 相模原駅だけではない。
どこの駅員だろうと、検査をすれば誰かしらすでに感染しているだろう。
それがわかったら駅を閉鎖し、鉄道を運休し、接触した可能性のある駅利用者を全員2週間自宅隔離にするのか?

駅に限った話ではない。
誰か1人社員が感染したら、その企業は全社員自宅隔離するのか?

厚生労働省なんてクルーズ船のずさん対応で船内で作業していた人がすでに感染しているが、厚生労働省全員を検査し、感染者が出たら厚生労働省は2週間お休みするのか?

そんなことはできないですよね。

日本政府は完全に間違っている。
今はもう封じ込めの段階ではないのです。
封じ込めをするなら1ヶ月前の話であり、そこで封じ込めをしなかったため、すでに中国人接触や渡航歴ない人でも日本人同士で感染しあっている時期なのだから、今から封じ込めをしても無意味。

今の段階で封じ込め対策したら、社会経済活動が麻痺し、それによって死人が出る。

駅員が感染したら駅が封鎖できないように、駅利用者全員を自宅待機にできないように、今はもう感染封じ込め策は無意味なのです。

だから今やるべきことは自粛や封鎖ではなく、通常のインフルエンザ対応と同じにすること。

体調が悪い人を無理に出社させない。
マスクじゃなく手洗いを徹底する。
過度な自粛や封鎖や休みはせず経済活動は可能な限り続ける。

その上で検査体制や診察体制をしっかりサポートする。

たまたま検査して相模原駅社員が感染していたことがわかっただけで全駅員を検査したら、どの駅でも駅員1人ぐらいは間違いなく感染しているはず。

過度・過敏な対応ではなくもうすでに日本中に蔓延していることを前提にウイルス封じ込めではなく、ウイルス共存を前提にした対策をすべき。

でないと、今の段階で封じ込めや過度な自粛をしたら、そちらの方が社会全体に悪影響を及ぼすだろう。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  4. 4

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    景気後退時は分散投資を意識せよ

    cpainvestor

  7. 7

    近所に感染者? 犯人探しはやめよ

    やまもといちろう

  8. 8

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  9. 9

    貯金や退職金ない非正規の定年

    田中龍作

  10. 10

    山田くん 笑点を1か月休んだ過去

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。