記事

感染症の危機管理:新型インフルエンザ対応の教訓(17)感染症よりも政治のほうが怖い

 2009年、厚労大臣の私は、新型インフルエンザとの戦いを進めていたが、政治の世界では、総選挙という戦になってしまった。何でこんな時期にと悔しかったが、政局だったので仕方がない。感染症よりも政治のほうが怖いのかもしれない。

 2009年の夏、政局は緊迫し、遂に7月21日に衆議院が解散し、8月18日公示、8月30日投票の総選挙へと突入していった。

 メディアが世論調査をし、選挙結果を予想したが、いずれの予想も、「自民大惨敗、民主大勝利、政権交代実現」であり、麻生内閣や自民党には重苦しい空気が漂っていた。

 しかし、国民の生命を新型インフルエンザから守る戦いは続けなければならない。

 7月22日時点で新型インフルエンザ患者は4433人となり、この日から「全数把握」をとりやめることにした。

 また、感染症施行規則の一部を改正し、7月24日からは、新型インフルエンザ患者を診断した場合でも、集団的に発生したものでなければ、感染症法第12条に基づく医師の届出は不要とした。

 これにより、簡易検査でインフルエンザ感染が確認されれば、原則としてPCR検査をせずに済ませることになったのである。

 選挙戦も、マスクや消毒液を用意してのものとなり、選挙応援に出向いて厚生労働大臣が新型インフルエンザに感染したのではお話にならないので、私は有権者との握手作戦は行わないことにした。

 真夏の酷暑の中で、大臣としての公務をこなしながら、各地に選挙応援に行く。勝てる戦ならまだ元気も出るが、負け戦である。このような辛い選挙は初めてであった。

 8月15日には、天皇皇后両陛下をお迎えして、武道館で全国戦没者追悼式を主宰した後、選挙遊説のため沖縄に入った。

 この日、沖縄で新型インフルエンザ感染した57歳の男性が死亡した。国内初の死者である。東京から沖縄に移動中にこの知らせを受けた私は、夕方6時に那覇空港に到着次第、記者会見を行い、死亡した男性の検体を国立感染症研究所に送り変異がないか検査することを明らかにした。そして、あらためて国民に感染防止策の励行を呼びかけた。

 この頃、沖縄県の感染は突出しており、1医療機関当たり11.79の症例報告があった。1人以上は、あとは大阪府のみで、それでも1.68である。3位は東京都で0.9である。

 なぜ沖縄に感染が多いかの理由は明らかではないが、これまた沖縄の観光に打撃を与えることになりかねない。

 18日には、神戸で2人目の死者が出た。持病のある77歳の男性であった。

あわせて読みたい

「新型インフルエンザ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  3. 3

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  4. 4

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  5. 5

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  6. 6

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  8. 8

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  9. 9

    97人感染受け小池都知事が危機感

    AbemaTIMES

  10. 10

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。