記事

感染経路解明の為に中韓から観えること

 毎日新聞の記事(2月19日)によると、感染確認されたタクシードライバーの接触者を、キャッシュレス支払い情報や車内の監視カメラやスマホの位置情報で、200人余りを特定したようです。

 韓国も同様な取り組みをし、感染者の行動ルートや時間を国民に公開しているようです。(WSJ)

 沖縄県では聞き取りと記憶に依存した記録を中心に感染者の接触者を模索していますが、この対応方法では限界です。

 確かに、個人情報を国家が管理するリスクを指摘する意見はあるでしょうが、感染症という目に見えないリスクを可視化するために、これらの情報を利活用するという趣旨には、国民県民は賛同するのではないか。

あわせて読みたい

「個人情報」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。