記事

感染経路解明の為に中韓から観えること

 毎日新聞の記事(2月19日)によると、感染確認されたタクシードライバーの接触者を、キャッシュレス支払い情報や車内の監視カメラやスマホの位置情報で、200人余りを特定したようです。

 韓国も同様な取り組みをし、感染者の行動ルートや時間を国民に公開しているようです。(WSJ)

 沖縄県では聞き取りと記憶に依存した記録を中心に感染者の接触者を模索していますが、この対応方法では限界です。

 確かに、個人情報を国家が管理するリスクを指摘する意見はあるでしょうが、感染症という目に見えないリスクを可視化するために、これらの情報を利活用するという趣旨には、国民県民は賛同するのではないか。

あわせて読みたい

「個人情報」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  3. 3

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  5. 5

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  6. 6

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  7. 7

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  8. 8

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  9. 9

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    コロナ名目で個人情報集める国家

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。