記事

「陰性」をもってして下船を可としたのは適切だったか

新型コロナウイルスに関して「陰性」だったとしてクルーズ船を降りることを許された乗客の中から、その後陽性が確認された例が確認されました。重く受け止めなければなりません。

政府はこれまで2月5日から19日までの14日間の経過観察の中で症状が出ず、陰性が確認されれば下船は妥当、としてきました。

しかし、その後陽性になる人が出てきたというのは、この政府の方針が誤っていたということです。

しかも、これらの乗客の皆さんは船を降りた後、公共交通機関を利用して帰宅し、特段「隔離」といったような制限はありません。したがって、もしさらに陽性に転じる人が増えれば、それだけ市中で感染が広がる可能性が生じるということです。

その時に「陰性」だったことを理由に19日以降下船を許した政府の判断は正しかったのか。それが問われます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。