記事

「陰性」をもってして下船を可としたのは適切だったか

新型コロナウイルスに関して「陰性」だったとしてクルーズ船を降りることを許された乗客の中から、その後陽性が確認された例が確認されました。重く受け止めなければなりません。

政府はこれまで2月5日から19日までの14日間の経過観察の中で症状が出ず、陰性が確認されれば下船は妥当、としてきました。

しかし、その後陽性になる人が出てきたというのは、この政府の方針が誤っていたということです。

しかも、これらの乗客の皆さんは船を降りた後、公共交通機関を利用して帰宅し、特段「隔離」といったような制限はありません。したがって、もしさらに陽性に転じる人が増えれば、それだけ市中で感染が広がる可能性が生じるということです。

その時に「陰性」だったことを理由に19日以降下船を許した政府の判断は正しかったのか。それが問われます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  2. 2

    歯磨きで感染? 断定報道「誤り」

    川島透

  3. 3

    感染減 季節性よりGoToが要因か

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  6. 6

    小池氏が応援遊説 宣言下に驚き

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    サンダース氏写真 撮影者が不満

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    国民煽る河野氏「和製トランプ」

    SmartFLASH

  9. 9

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  10. 10

    マホト恋人の今泉が出した答え

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。