記事

サンダース氏がネバダで圧勝、バイデン氏2位 米民主党候補者選び


[ノースチャールストン(米サウスカロライナ州) 23日 ロイター] - 11月の米大統領選挙に向けた候補者選びで、民主党は22日、西部ネバダ州で党員集会を開いた。中間集計によると、左派サンダース上院議員が他の候補を大きく引き離し、勝利を確実にした。バイデン前副大統領が2位につけ、ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長、ウォーレン上院議員と続いている。

全管区の投票データ(中間集計、70%)によると、サンダース氏は48%の票を確保、中道候補のバイデン氏は21%と大きな差がついているものの2位となっている。同じく中道のブティジェッジ氏は13.6%で3位、ウォーレン氏は4位にとどまっている。

同党候補者選びの第1、2戦の舞台で白人党員が中心だった中西部アイオワ州、東部ニューハンプシャー州と異なり、ネバダ州の党員構成は年齢や人種などが多様で、調査会社エディソン・リサーチによると、サンダース氏は若者、中高年、ラテン系、労組員、高学歴の白人女性層などから幅広く支持を集め、従来よりも層が広がっているという。

サンダース氏は、ニューハンプシャー州の予備選に続き、ネバダでも首位に立った。同氏は、「我々は世代と人種の違いを超えて結束している。我々の勝利はネバダだけでなく、全米に広がるだろう」と勝利宣言した。

一方、アイオワとニューハンプシャーで劣勢だったバイデン氏は2位という好結果を確保し、11月にトランプ大統領と対峙する同党候補者としての指名に望みをつないだ形となった。

ブティジェッジ氏は、ネバダ州党員集会の得票が15%を下回れば、同州の代議員を獲得できない可能性がある。

同氏の陣営は23日、ネバダ州民主党支部に書簡を送り、期日前投票の集計結果に食い違いがあると指摘。最終結果を発表する前に期日前投票のデータを公表し、誤りがあれば修正するよう求めた。

ロイターが確認した書簡の中で、ブティジェッジ氏の陣営幹部は「2位と3位が僅差であることを踏まえ、最終結果を公表する前にこうした措置をとるよう求める」とした。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「バーニー・サンダース」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  7. 7

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  8. 8

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  9. 9

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。