記事

英国民と女王のトラウマ(上)何が違う?日本の皇室と英の王室 その2

1/2
ヘンリー王子、メーガン妃 出典:Flickr; Mark Jones

林信吾(作家・ジャーナリスト)

【まとめ】

・英国王室、ヘンリー王子が愛称で呼ばれている。

・ヘンリー王子は元女優の嫁に頭が上がらない男の烙印を押される。

・エドワード皇太子も「王冠を捨てた恋」を経験。

前回お伝えした通り、英国のチャールズ皇太子の次男であるヘンリー王子は、妻であるメーガン妃ともども王室から離脱の沙汰となった。

ただ、これまたお伝えした通り、殿下・妃殿下とは呼ばれなくなったものの、王位継承権や公爵位はそのままであるから、本稿でも「王子」と「妃」は引き続き用いようと思う。

ところで、日本のマスコミでは「ヘンリー王子」「ハリー王子」の表記が混在しているが、英国では圧倒的にハリーの表記が多い。そして当人は、その呼ばれ方を好んでいないとも聞く。

そもそも論から言えば、ヘンリーの愛称がハリーなので、どちらでもよい話ではある。

英語圏ではこのように、名前のつづりの一部から、大体決まった愛称で呼ばれることが多い。ロバートならボブ、レベッカならベッキーというように。

しかし、女優のエリザベス・テイラーは多くの人からリズと呼ばれていたが、エリザベス2世女王に対してこのような呼び方はしないし、チャールズ皇太子もチャーリーと呼ばれてなどいない。どうしてヘンリー王子だけ愛称が広まっているのか。

実は、しょうもない経緯なのだ。もう20年も前の話になるのだが、サンドハースト(英国王立陸軍士官学校)の卒業パーティーで、全裸同然の姿になった上、これまた全裸同然の女性(なにしろストリッパーだった)を膝にのせている彼の写真が、マスコミにすっぱ抜かれたのだ。その記事の見出しこそが「ダーティハリー」であった。昭和世代の読者には、有名なハリウッド映画から想を得たものであることが、すぐにお分かりだろう。

私自身は、どちらでもよいのなら、当人が喜ばない表記をわざわざ用いることもないだろうと考え、ヘンリーと記している。別に英国王室に対する「忖度」ではないが笑。

そんなヘンリー王子だったが、国民から「王族にふさわしくない」などと非難されたのかと言えば、そうでもなかった。もちろん、色々な考え方の人がいるし、前述のような乱痴気騒ぎを英国紳士たちが歓迎するはずもなかったが、そこはやはり「未来の国王」とその弟とでは、立場が違うのである。

なおかつ、軍人としてのヘンリー王子は志願してアフガニスタンに出向くなど、勇猛果敢であった。2012年には、イスラム過激派タリバーンの戦闘員たちに向けて、攻撃ヘリコプターから空対地ミサイル(一説では無誘導のロケット弾)を発射し、

「数名を吹き飛ばした」

ことを公表した。英国の王族で、戦場に出向いた人はたくさんいるが、直接的に敵を殺傷した例となると、ほとんどない。この件で、イスラム過激派からは「兄弟の仇」として殺害予告を受ける羽目になったが、それも含めて彼を英雄視する英国人が一気に増えた

「やんちゃな次男坊だが、国のために、やる時はやる立派なプリンスだ」

という評価が定着しつつあったのだーーメーガン妃と結婚するまでは。

あわせて読みたい

「イギリス王室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  6. 6

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  7. 7

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  8. 8

    都知事選 主要候補の政策まとめ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  10. 10

    夜の街巡る上から目線要請に苦言

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。