記事

国連と逆行 日本の薬物報道

1/2
国連楽物犯罪事務所ポスター
出典)UNDCP

田中紀子(ギャンブル依存症問題を考える会代表)

【まとめ】

・悪化の一途をたどる日本の薬物報道。

国連は、薬物政策の非犯罪化と人権への配慮を提唱。

・メディアの印象操作に踊らされることなく、冷静な判断を。

◆繰り返し使われる逮捕映像

2020年2月16日、フジテレビで11日に虚血性心不全で死去した野村克也さんの追悼番組「秘蔵映像でつづるノムさんの野球人生と家族愛」が放映された。

写真)野村克也氏
出典)『週刊ベースボール』1959年1月28日号、ベースボール・マガジン社、1959年、p.48

様々な選手とのエピソードや、おしどり夫婦と言われた奥様とのやりとりなどを振り返る番組だったが、なんといっても番組の目玉は便せん6枚に綴られた、元プロ野球選手の清原和博さんからの手紙だった。

おそらく番組から要請があり、野村さんに親愛の情を抱く清原さんがその要請に答えられたのだと思うが、丁寧な筆文字で便せん6枚にきっちりと書かれた手紙は心打つものであった。

手紙は読みあげられながら、野村監督と清原さんの秘蔵映像と共に紹介されていったが、清原さんが薬物事件のことに触れると、そこに突然逮捕時の映像がアップで流されたのには驚いた。

番組は、最初から「清原からの手紙」がでることをCMまたぎの度に引っ張り続け、最終的には番組終了直近に公開するという、明らかにスーパースター清原さんの人気を借りた番組作りであったにも関わらず、このような扱いはさぞ無念であったのではないかと推察する。

写真)清原和博氏
出典)Photo by Hahifuheho

そもそも清原さんらが逮捕された2016年頃は、麻薬取締官警視庁組織犯罪対策第5課が最も悪質な守秘義務違反と人権侵害を行っていた頃で、この二つの組織はお互いが競うように、逮捕前にマスコミに情報を流し逮捕の瞬間をTV放映させたり、家宅捜査している映像を制作会社に渡したり、移送の瞬間を「サービスショット」と呼び、わざわざマスコミの前で後部座席を仕切るカーテンを全開にしてさらしものにしたり、挙句のはては逮捕前にマスコミに情報を漏えいし、逮捕時には自宅にマスコミが押しかけていたことまであった。

こうしたライバル部署であるマトリと組対5課の功績アピール合戦に、今度はジャーナリスト魂が劣化し、モラルも人権への配慮も失ったマスコミが、有り得ない暴挙に走っていき、ASKAさんの事件(のちに不起訴)の際などには、全く関係のないタクシー内での様子が各局で放映されたり、お昼のワイドショー「ミヤネ屋」で未公開曲を芸能レポーターの井上公造氏が勝手に番組内で公表するなどやりたい放題であった。

我々のような薬物問題や依存症の支援者は、度々このような大騒ぎに警告を発し、2017年度には「薬物報道ガイドライン」を作成したが、事態はなかなか収拾しなかった。

悪化の一途をたどる薬物報道であったが、2019年10月21日 KAT-TUNの元メンバー、田口淳之介さんらの弁護士であった望月宣武先生が、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に対し、「田口さんらの自宅を捜索した際の映像をテレビ番組制作会社に提供していた」として、国家公務員法(守秘義務)違反罪で、東京地検特捜部に告発状を提出し、さらにこの守秘義務違反問題が衆議院でも取り上げられ国会質問で追求されると、やっと逮捕時のスクープ映像をマスコミにリークしたり、サービスショットとしてマスコミの前で写真撮影のためにさらしものにするかのような所業は改善された。

しかし日本は薬物依存に対する考え方や対策が世界的にみても遅れに遅れており、特に地上波メディア、マトリ、警視庁組対5課の三つ巴は、自分たちの名をあげることしか頭にないとしか思えず、相変わらず薬物使用をした芸能人に対してスキャンダラスな報道や発言を繰り返している。

そして今回の様に地上波のメディアは平気で、社会復帰を果たしている超有名人である清原さんを番組の視聴率稼ぎのために利用しておきながら、一方で貶めるような行為を平気で行うのである。

あわせて読みたい

「薬物問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  2. 2

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  3. 3

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  4. 4

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  5. 5

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  6. 6

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  7. 7

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  8. 8

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  9. 9

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  10. 10

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。