記事

「口頭決裁」はあり得ない

黒川東京高検検事長の定年延長問題について、森法務大臣が一昨日予算委員会で答弁した「内部で決裁を取っている」というのが、「口頭決裁」だったということは、どう考えても受け入れられません。

検察官の定年延長に関して、何十年も続いてきた法解釈を変えるという重大決定を、「口頭」で「決裁」するなんて。霞ヶ関ではあり得ないことです。

さらに加えて、森大臣が、予算委員会で「内部で決裁を取った」と言い切っていたことも問題。「口頭決裁」であるなら、虚偽答弁と言わざるを得ません。

辻元議員は「鯛は頭から腐る」という例え話に言及しましたが、まさに安倍総理のいい加減な答弁が続いてきたことが、ほかの大臣にも、あるいは霞ヶ関にも波及しています。末期的な状況です。

あわせて読みたい

「黒川弘務」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。