記事

もし家族が肺炎になったら新型コロナの検査を要求するか?

COVID-19(いわゆる新型コロナウイルス感染症)症例が福岡でも出ました。私の外来にも「新型コロナが心配」という患者さんがぼつぼつ受診しています。幸い、私の外来ではいまのところはどなたも肺炎にはなっておらず、現時点では検査は不要だとご説明し、ご納得を得られています。

たまに誤解している人もいらっしゃいますが、現在(2020年2月22日)では新型コロナの検査に、中国への渡航歴や感染者への接触歴は必須条件ではありません。そうした条件を満たしていなくても、入院を要する肺炎や医師が総合的に判断し新型コロナ感染症を疑う場合など、「昨今の国内外の発生状況を踏まえ、これらの地域に限定されることなく、医師が新型コロナウイルス感染症を疑う場合に、各自治体と相談の上で検査することになります」*1

ネットでは「検査をしてくれない。要求しても断られる」という声を聞きます。自分や家族が病気のときに望む検査をしてもらえないのはつらいことです。一日に可能な検査の数には上限があり、希望者全員に検査を行うことができないという現状もあります。これから患者数が増えることが予測されるため、検査体制の強化は必要でしょう。

さて、現時点で、私の家族が肺炎になり入院したとして、主治医が新型コロナの検査は必要ないと判断したとしましょう。仮にそのようなことが起こったとして、私は検査を要求しません。なぜなら、私は(とくに家族が絡んだときには)利己的な人間であり、家族が治る確率を少しでも低くするような行為をしたくないからです

現在、新型コロナウイルス感染症に特異的な治療法は存在しません。新型コロナが陽性であろうとなかろうと、治療方針に大した影響はありません*2。新型コロナの検査は肺炎が治る確率を上げませんし、むしろわずかですがマイナスの影響がある可能性があります。個々人の希望通りに検査をしていたら必要な人に検査できなくなるという社会的な面もありますが、それ以上に、主治医のリソースも限られていることを忘れないようにしましょう。

新型コロナの検査を施行するには、まず主治医から保健所に相談をすることになります。病状を伝え、保健所からの折り返しの連絡を待ち、検査をすることが決まれば検体を採取し、適切な方法で輸送する手配をし、書類も書かなければなりません。これらは主治医やスタッフの業務量をわずかではありますが増やします。検査の結果次第で治療方針が変わり、よって肺炎が治る確率が増すのであれば問題はありませんが、そうではないのです。主治医には万全の状態で家族の治療にあたってもらいたいのです。なので主治医の業務量を増やし、集中力を割くようなことはしたくありません。主治医が新型コロナの検査が必要だと判断したのであれば、それに従います。家族のためというよりは疫学調査や感染管理に協力するためです*3

「他人に感染させないためにも検査をしたほうがいい」という意見もあるでしょう。ただ、この場合、家族はすでに肺炎なのです。原因となる病原体が新型コロナウイルスであろうとなかろうと、感染対策は必要です。それとも検査で新型コロナウイルスが陰性だったら感染対策の手を抜くのでしょうか。検査には偽陰性がつきものです。検査で陰性だったから大丈夫、と安心して感染対策をおそろかにしないようにしましょう。

新型コロナに限らず、日本では検査に頼りすぎな風潮があります。「出勤していいかどうか判断するためインフルエンザの検査をしてくれ」と病院を受診する人はよくいらっしゃいます。検査で陽性でないと会社を休みにくいのです。また、今回の新型コロナウイルス感染症の患者さんの一人は、発熱があったにも関わらずバスツアーに参加したと報じられています。「検査でインフルエンザが陰性だからツアーに参加しても大丈夫」との判断があったのかもしれません。

検査方法があるのに検査できないことを理不尽に思うのは当然のことです。学校や会社が陰性の証明を求めるからには検査目的の受診も仕方がありません。ですが、安心感だけを求めて医学的に必要性に乏しい検査を行うのは社会的にも、患者さん個人にとっても不利益になります。社会の在り方は一朝一夕には変わりませんが、検査に頼りすぎず、必要十分な検査のみ行い、検査の結果に関わらず感染対策が取れるように徐々にでもよいから改善するように願っています。

関連記事

■軽症であればインフルエンザが心配だからと病院に行くのはおすすめしない
■インフルエンザ蔓延予防のための受診は必要か?

*1:新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方向け)令和2年2月21日時点版 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00004.html

*2:「検査陽性なら治験中の薬を使える」というご指摘が予想できますが、主治医が新型コロナの検査は必要ないと判断するぐらいの病状では、効くかどうかわからない薬を使うリスクのほうが高いでしょう

*3:主治医が必要だと判断したのに検査を断ると、説得そのほか無駄な業務が発生するので、完全に利己的な人でも検査を受けるでしょう

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。