記事

オスプレイ問題はもはや沖縄だけの問題ではない 瑞慶覧 長敏議員インタビュー

2/3

沖縄問題は沖縄全体の意見として主張できる段階に来た


原田:沖縄県は若者の数が多い方だと思いますが、若者と先生の世代との間に意識の格差みたいなものはありますか?

瑞慶覧:沖縄県民って、「自分は沖縄人だ」というアイデンティティが強いんですよね。僕らの世代から見ると、多少薄まってきたとも感じますが、若い人もまだまだ。最近むしろ若い人から「チョウビンさん、沖縄は独立したほうがいいよ」なんて、言われるくらいです。

原田:沖縄党は作らないんですか?(笑)

瑞慶覧:それは……、作りたいよね(笑)。沖縄はもともと琉球という国で、そこに薩摩が来て、大和がきて、アメリカが来た。叶うなら、自分たちのことは自分たちで決めて動きたい。若い人たちも、そういう意識をもっているのでしょうね。

原田:望みがあったはずの政権交代が起こっても与党が動かないなら、なおさら自分たちで行動を起こして問題を解決したいと思うのは至極当然な感情ですね。

瑞慶覧:僕が新党に入らなかった根底に、それもあるかな。小沢さんとの面談のときも、「党に入らないと苦労するぞ」と言われたけど、「選挙活動をするにしても、僕自身が良い結果を出せるのは、無所属としてやりたいことをやりたいときに行動したほうがいい結果を出せると思います」と話しました。

原田:沖縄問題をどうにかしたいという思いは、沖縄選出の自民や他の党の議員も同じだと思うんですが、結束して解決しようという動きはありますか?

瑞慶覧:あります。これからますますそうなっていくでしょうし、実際にそうなっている部分もあります。8月5日には、沖縄が一丸となってオスプレイ配備に反対する県民大会が開かれる。基地問題は、ほぼ全ての県民が「普天間の代替施設は県外・国外」と望んで、辺野古に新しい基地は造るべきではないと訴えています。自民党沖縄県連さえも「島・県外だ」と言っていて、ここに関しては「ねじれ」ているわけだよね。そういう意味でも「沖縄全体の意見」として主張できる段階にきていると思います。ここまでひとつに感じるのは、初めてじゃないかな。

原田:では、その沖縄あげての声を、理解してもらえるように全国に向けて広げていくことが大切ですね。

瑞慶覧:アメリカ軍は10月から普天間基地でのオスプレイ本格運用を計画していますが、岩国基地がある山口県でも反対の動きが活発化していて、この面で沖縄と連携を始めた。日本に米軍専用施設がある都道府県は13あって、そこも一緒に動き出そうとしている。そういう意味で全国に広がるだろうし、広げていって日本全体で考えていくべき問題です。

原田:でも、オスプレイに関しては、このまま進んでしまいそうですが。

瑞慶覧:そう思うよね?でも、このまますんなりとは絶対無理。国と国の約束だからというだけでは、片付けられないほどの強い反発が広がりつつある。アメリカだって馬鹿じゃないから、本当に強行したらどうなるかわかるでしょう。その前にどこかが、ブレーキをかけるかもしれない。普天間基地問題も、このままはありえません。だって、住宅街の上を飛ぶ、あんな危険なところは他にないですよ。

原田:沖縄の中にも基地反対派と容認派がいますが、容認派の主張はなんですか?

瑞慶覧:人は食べていかなといけない。主にはそういうことです。沖縄は仕事が少ない。そんな状況の中でも基地関連の公共事業がまだまだあって、特に復帰後は建設業が増えた。だいぶ淘汰されたとはいえ、今でもそれが生活の糧という人がたくさんいる。辺野古に基地を作るとしたら1兆円というお金が動いて、それを請け負うのは地元の建設会社ですからね。

先日、沖縄の建設業関連のパーティーがあって、「無所属になりましたが、よろしくお願いします」と言って、各テーブルをまわったんです。それで、あるテーブルに行ったら、「反対ばっかり言ってもダメだよ!」と怒られて。俺が民主党に反対ばかり突き付けるから、そんなやり方じゃダメだと応援してくれているのかな?と思ったら、どうも空気が違って、基地問題に反対と言っている事に反対だと。でも、年々沖縄の経済状況だって変わってきていますよ。

原田:基地がなくてもやっていけるようになりますか?

瑞慶覧:現に返還された施設の跡地に大手スーパーや公共施設や民間のビルを建てたところ、経済効果が10倍になって、敷地内の雇用も大幅に増加したという例があります。それに、賛成派の人に「基地工事の代わりに別の工事の仕事があれば、そっちのほうがいいんじゃないですか?」と聞くと、「もちろんそうです」と言いますよ。そういう意味でも、「コンクリートから人に」とか、「新しい公共」というのは、本当に大きなチャンスだったんです。

原田:実際に沖縄から基地を減らそうと考えたとき、そもそも日本から減らそうという話と、県外に移設しようという話がありますが、どちらがより現実的だと思いますか?

瑞慶覧:う~ん、僕には非常に難しい質問だね。僕は、米軍ももちろんだけど、軍そのものに対するアレルギーがあって、心情だけを語れば自衛隊も認められない。でも、「米軍なしで国防どうする?」といったとき、一般的には「自衛隊を強化して自分たちで自分の身を守ろう」という論法になるよね。もし本当に軍事強化しなければ国が守れない状況に世界があるというのであれば、そうするしかない。

米軍を認める=地位協定の存在も認めるということ。それがイヤなら、「これからは自衛隊を強化して自分達でやりますので、アメリカはもういりません。今までありがとう!」というレベルまで覚悟しなければならない。本当はそれが、日本にとってはある種、望ましいカタチなのかもしれない。だけど、僕がそうしなさいともいえない。非武装でやらないとやっていけないという沖縄の歴史から学んでいて、「沖縄には自衛隊もいりません」という論法になっちゃうんだよね。この考え方は非常に稀で、民主党でも沖縄県連でも誰にも賛同してもらえなくて、この話になると僕だけ浮いちゃう。(笑)

原田:国外移設の話には反対だったんですか?

瑞慶覧:「グアムだ! サイパンだ!」と、やっていたけど、「本当はだめだけどな」と、心の中で思う部分はありました。グアムには先住民族がいる。沖縄も国連では琉球民族と見なされていて、先住民の立場から見れば「何勝手なことを言っている」と思います。けれど、政治家として言わなくてはいけないので、民主党の中で県外だという運動を続けた。非常に矛盾した話ですけどね。

原田:沖縄選出の議員以外にも基地反対派はいますが、自分の選挙区に基地を移設という話になると、そこは皆さん反対されますよね?そういうのをどう思いますか?

瑞慶覧:そうだねえ。表で言った方はいらっしゃらないかもしれないね。そこが政治の限界ともいえるのかな。

原田:そうするには、トップダウンで「やるぞ」としないと動かないものでしょうか?

瑞慶覧:鈴木宗男さんは自民党時代に地元を説得し、沖縄の104線号越えという実弾訓練を北海道へもっていったことがあります。本人から話を聞きましたが、相当な覚悟だったでしょう。このレベルの話を全国でやるといっても難しいと思いますね。

声をあげる感覚を知る人が増えれば日本は変わる

原田:震災以降、普通の人が声をあげだしたのは、今までにない流れを作るチャンスだと思います。一方で、ネガティブな言い方をすると、例えば原発はあれだけの人がデモや集会で声をあげても、再稼働されまた事実がある。ある種喪失感を与えた出来事で、何かをきっかけに「動いても、ダメなんだ」という方向に動き出したら、政治不信のスパイラルが加速しかねないのではないかと思うんです。でも、沖縄に目を戻すと、今まで何度もそういう喪失感を味わいながら、ずっと反基地活動をやっているわけですよね。その原動力って、どこにあるんですか?

瑞慶覧:辺野古の方々は、座り込み3000日を達成しました。14~15年経っても、まだ杭一本打つことができていない。「もう基地を作りません」とはなっていないけど、これもひとつの成果です。今回、再稼動はされましたが、これだけの反対の声はこれからの方針を決める上で、重要な判断基準になる。ベルリンの壁だって、誰もが無理だと思っていたものが、あるときなくなった。歴史の成功例を見ながら、あきらめず続けること。これしかない。

原田:続けてさえいれば、何かのタイミングでガッと進むことがあると。

瑞慶覧:圧力にならないわけないよ。続けたから、数百人が何万になった。人が集まるというのは一種の圧力です。原発問題では10万を超える人が、自主的にデモに加わるということが、実際に日本で起きているわけですよね。今までなかった動きです。こういうことをきっかけに、「声をあげる感覚」がわかれば、何か別の問題が起きたときに「こっちの問題でも声をあげるぞ」と、なっていくと思います。

あわせて読みたい

「そうだ国会、行こう!」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。