記事

国立大学授業料の自由化は愚策の極み 交付金の充実こそ人材養成に必要なこと

 文科省では、国立大学の授業料の自由化の検討を始めると報じられています。いよいよ国の大学教育の放棄かと思いました。

国立大の授業料、自由化を検討 値上げ相次ぐ可能性も」(朝日新聞2020年2月21日)

「国が標準額を定める国立大の授業料について、文部科学省は、大学の裁量で金額を決められるようにする「自由化」の是非について検討を始めた。大学の学長や企業関係者らによる有識者会議が21日に始まり、年内に結論を出すことを目指す。」

 文科省が諮問するという以上、「自由化」は既定路線なのでしょう。自由化といっても競争原理が働いて値下げになる、なんていうことを考える人がいるはずもありません。朝日新聞が指摘するように値上げのための自由化にしかなりません。今まで上限を設定してきた国立大学の学費の基準を取っ払ってしまうのですから、上がる方向でしか作用しません。

 もともと国立大学の学費は私立に比べて安いというのが社会の常識でした。
 私が学生の時代は年間25万2000円でした。現在の標準学が53万5800円というのですから、半分ほどでした。それがどんどんと値上げされ、今や50万円を超え、さらには2割まで増額していいなんていう裁量までありますから、大学によってはさらに高くなります。

 これで本当に国立大学と言えるのでしょうか。

 国立と私立の格差是正が言われたとき、私立大学に補助金を増額するのではなく、国立大学の学費の値上げというのは本末転倒だったのですが、これではなおさらお金がない家庭の子は大学にも行けなくなってしまいます。

 まだ国立大学では授業料免除制度はあると思いますが、そうなると免除された学生とそうでない学生の格差も拡大してしまいます。裕福な家庭であればともかく、そうでなければ学生間の不合理な差でしかなくなります。

2020年2月6日撮影

 考えてみれば交付金が減額されてきたこと自体、おかしいのです。

 明治時代は義務教育でありながらも授業料を徴収されていました。内容はともかく教育の必要性はありながら日本の生産性が低かったためです。それが戦後は日本国憲法が義務教育の無償化を保障しました。政府見解は授業料のみという解釈ですが、教科書の無償化は当然として給食費などの無償化も本来は憲法の理念からすれば当然に保障されていると考えるべきものです。

 それだけの生産性が拡大しているはずなのです。国立大学も同じです。
 以前の日本でできたことが何故、時代が進んだ今、さらに交付金が削減され、授業料が値上げになるのでしょうか。

 それだけ日本の生産性が落ちたということですか。産業空洞化も言われて久しいです。それはまさに国力の衰退です。

 加えて、赤字財政を常態化させてきた自民党政権ですが、税金を湯水のように使い、日本を借金だらけの国にしてしまいました。
 その借金を返済するのは?
 決して安倍総理ではありませんし、自民党でもありません。国民が国の借金返済のために働かされている状態なのです。

自民党が35人学級実現を拒否 カネはやっぱり公共事業へ

 必要な人材養成にカネが回らない!

 これでは破綻国家です。
 教育関連でいえば、専門職大学院は失敗していますが、その代表例は法科大学院制度ですが、こうしたものには税金を垂れ流すのに、肝心な大学や義務教育にはカネを使わないなど本末転倒です。

 国立大学の授業料を自由化したら、値上げだけでなく、ますます交付金は削減されていくことでしょう。自由化は自己責任の裏返しでもあり、切り捨てるための大義名分だからです。

 否定されたはずの格差社会を助長させる自由化は恥ずべきことです。
 長年に渡って国の財政を私物化してきた自民党政権の罪は重いです。

あわせて読みたい

「大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  5. 5

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  9. 9

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  10. 10

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。