記事

新型コロナウイルス感染症の対応策

新型コロナウイルス感染症については、政府の対策本部の下に新たに感染症の専門家の方々を構成員とする「専門家会議」を設置し、対策を一層強化しています。

専門家会議では、国内の発生状況について「感染経路を特定できない可能性のある症例が複数認められる状況であり、患者が増加する局面を想定した対策が必要」との見解が示されました。

これを踏まえ、厚生労働大臣から、国民の皆様へのご協力のお願いと、新型コロナウイルス感染症についての「相談・受診の目安」を発表しました。

この目安では、
・相談センターにご相談いただく目安として、風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方をお示し、
・重症化しやすい方として、高齢者、糖尿病や心不全、呼吸器疾患などの基礎疾患がある方、免疫抑制剤や抗がん剤を用いている方を例示し、
・妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様の早目のご相談を頂くこと
・小児については、現時点では重症化しやすいとの報告はなく、目安どおりの対応をお願いしています。

また、今後、感染の拡大を防止するためには、様々な場面で国民の皆様の御協力をいただく必要があります。

発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み、外出を控えていただくことです。

御本人のためにも、感染拡大の防止にも大切な行動です。

そのためには学校や企業、社会全体における理解が必要で、生徒や従業員の方々が休みやすい環境整備への協力をよびかけています。

イベントなどの開催については、現時点で政府として一律の自粛を要請するものではありませんが、主催者には開催の必要性を改めて検討することをお願いするとともに、開催に当たっては、参加者への手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、風邪のような症状のある方には参加しないよう依頼することなど、感染機会を減らす工夫を講じて頂くことをお願いしています。

国民の皆様におかれましては、感染を予防するため、手洗いや咳エチケットなど、通常の季節性インフルエンザと同様の予防策を実施し、落ち着いて行動していただくようお願いします。

引き続き、国内感染の拡大防止に向け、国民の皆様の不安を軽減できるよう、迅速かつ分かりやすい情報発信に努めるとともに、各地の自治体とも一層緊密に連携して、検査・治療・相談体制の拡充・強化に全力を挙げてまいります。
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  6. 6

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  7. 7

    緊急事態宣言 貧困層へ補償急げ

    藤田孝典

  8. 8

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  9. 9

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。