記事

北朝鮮で12人立て続けに死亡…「新型コロナか」病院が疑惑の行動

北朝鮮の東北部・咸鏡北道(ハムギョンブクト)の清津市で、肺炎とインフルエンザの症状を見せて治療を受けていた患者12人がわずか2日の間に死亡。さらに、病院側の「疑惑の行動」が市民らの恐怖心を煽っていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。

公開処刑も

今のところ、北朝鮮で新型コロナウイルスの感染者が出たとする公式発表はないが、同国内からは感染者発生の情報を当局が隠ぺいしているのとの話も漏れ伝わっている。

RFAの現地消息筋は、「今月9日から2日間で、清津市浦項(ポハン)区域にある道人民病院で12人の患者が死亡したことを受け、市の防疫当局と住民が緊張している。死亡した患者たちは、今月初めから道人民病院に入院して治療を受けてきた。しかし、道内で一番大きな病院の治療も実らなかった。病院側は遺体を火葬し、遺族には遺骨を返還した」としている。

またこの消息筋によれば、「普通、わが国の病院が患者の遺体を火葬することはない。今回も患者の遺族は葬式を出すために遺体を返すよう求めたが、病院はインフルエンザウイルスの拡散を防ぐためとしてこれを拒否。病院施設全体の消毒を何度も繰り返した」という。

この行動を、市民が不振に思わないはずはない。

経済制裁の影響によって経済難が深刻化している北朝鮮では、当局が公開処刑などの恐怖政治で治安を維持しようとするなど、社会に張り詰めた空気が漂い始めていた。

(参考記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

そんな中で訪れた新型コロナウイルスの脅威に、市民はただでさえ緊張を強めているのだ。

防疫体制が脆弱な北朝鮮は、国内で感染者が拡散するのと同じくらい、その情報が国内で広がるのを恐れている。実際、今月8日には拷問や公開処刑を担当する秘密警察の保衛部が、新型コロナウイルスに関わる国内情報を外国に流した女性らを逮捕している。

死者が続出して国民の不安が爆発するような事態になれば、金正恩体制の危機に発展しかねない。

仮に感染者が発生しなくとも、ウイルス侵入対策として中国との貿易を停止してからすでに1カ月になる。昨年の農業が惨憺たるありさまだったことを考えると、物資の欠乏も心配だ。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  3. 3

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  4. 4

    ニューヨークは数日で医療崩壊か

    藤沢数希

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    月初封鎖? 怪情報に惑わされるな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    4月から事実上「首都封鎖」に

    NEWSポストセブン

  8. 8

    志村さん死去 最後まで仕事の鬼

    常見陽平

  9. 9

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  10. 10

    みずほシステム統合に19年の苦闘

    Dain

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。