記事

まるで災害パニック映画!? 『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史』は読むと頭痛がしてくる一冊

1/2

『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」』
『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」』

なかなか完成しないことから、過去には「IT業界のサグラダファミリア」と揶揄された、みずほフィナンシャルグループ(FG)の勘定系システムの刷新・統合プロジェクト。この裏側を描いた『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」』(日経BP)が今月発売された。

ネット上では、発売前から「やばい本が出ようとしている」などと話題に。前評判の高さから予約購入が殺到し、Amazonのビジネス書売れ筋ランキングでは21日現在1位を獲得している。しかし、話題性に勝るとも劣らず、結論から言うと非常に面白い本だ。情報システムや銀行の仕組みに明るくない筆者からみても、相当な読み応えがあった。(文:篠原みつき)

起こるべくして起きたトラブルが人災によって広がっていく

なぜかといえば、本書では「組織」や「リーダーシップ」の問題を提示しているからだ。トップが方針を決めないことで現場が混乱・疲弊し、起こるべくして起きたトラブルの被害がまた、人災によってどんどん広がっていく構図をあぶり出している。誰にとっても他人事ではない問題を、企業情報システムの本質を熟知する立場で、淡々と書き起こし、論評を展開している。

本書の構成は3部に分けられている。第1部が、新システム「MINORI」の解説と今後の経営戦略について。第2部は、2011年3月の東日本大震災の直後に起きた大規模システム障害について。第3部は、2002年4月の経営統合直後に起きた大規模システム障害を振り返る。時系列とは逆に「現在」「2度目のシステム障害」「1度目のシステム障害」と遡り、正直に言って読みづらい構成だ。

なぜこのような構成にしたのかは不明だが、この本はみずほにとってあまり触ってほしくない過去を公にするものだ。「現在はシステムが上手く行っていますよ」と伝えてくれないと印象が悪くなる、という要望があったのではないかと勘ぐってしまう。そんな邪推をしてしまうほど、第2部からはじまる2度目のシステム障害の惨状はひどかった。読んでいて頭痛と動悸がしてきたし、ちょっとした災害パニック映画でも見ているようだった。

あわせて読みたい

「みずほ銀行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。