記事

原油先物1%安、新型肺炎巡る懸念再燃 週間では2週連続高


[ベンガルール 21日 ロイター] - 米国時間の原油先物は約1%下落した。新型コロナウイルスの感染拡大による経済的影響に伴い、原油需要が減少するとの懸念が再燃した。

北海ブレント先物<LCOc1>は一時2%超下落。清算値は0.81ドル(1.4%)安の1バレル=58.50ドルだった。米WTI原油先物<CLc1>は0.50ドル(0.9%)安の53.38ドルだった。

もっとも週間では北海ブレントが2%高、WTIが2.6%高となり2週連続で上昇した。今週は新型ウイルスを巡る懸念が緩和する場面があったほか、米原油在庫が予想ほど増加しなかったことが寄与した。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。