記事

軟調な米指標受けドル下落、円は地合い回復=NY市場


[ニューヨーク 21日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが広範な通貨に対し下落した。2月の米購買担当者景気指数(PMI)は新型コロナウイルスへの懸念の高まりを背景にサービス業と製造業がともに低調で、ドル売りにつながった。

IHSマークイットが発表した2月の米PMI速報値は、サービス業が49.4と、2013年10月以来の低水準、製造業は50.8と、19年8月以来の低水準となった。

こうした中、主要6通貨に対するドル指数は0.59%下げた。

ユーロは対ドルで0.68%高。IHSマークイット発表の2月のユーロ圏総合PMI速報値は51.6と、前月の51.3から上昇し、ロイターまとめたすべてのアナリスト予想を上回った。

テンパスのシニア外為トレーダー兼ストラテジスト、フアン・ペレス氏は「ユーロ圏が回復できる兆候がようやく見え始めた。動きは緩慢かもしれないが、米経済が停滞すれば、ドル相場の圧迫要因となる」と述べた。

円は前日の取引で10カ月ぶりの安値を付けたが、この日は安全資産への需要が増大したことで地合いを回復。対ドルで0.5%上昇した。

中国を発生源とする新型コロナウイルスの感染が日本や韓国でも拡大し、昨年10─12月期の日本の経済成長率が年率換算でマイナス6.3%となり、5四半期ぶりのマイナス成長に陥る中、円は週初から売られていた。

アクション・エコノミクスのマネジング・ディレクター、ジョナサン・コフトレイ氏は「基本的に円は明らかに売られる地合いにある」としながらも、「安全通貨と見なされる状況があるため、円はアウトパフォームする通貨の1つとなる」と述べた。

豪ドルは対米ドルで0.2%上昇。英ポンドは対ドルで0.72%上昇した。

ドル/円 NY終値 111.57/111.60

始値 111.87

高値 112.03

安値 111.49

ユーロ/ドル NY終値 1.0843/1.0847

始値 1.0804

高値 1.0863

安値 1.0797

(表はリフィニティブデータに基づいています)

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。