記事

「AI美空ひばり」に反発する人が多かった理由 「人格」とは何なのか? - 佐々木 俊尚

1/2

 昨年末のNHK紅白歌合戦に「出演」した仮想の美空ひばりについて、賛否両論がネットで渦巻いている。あそこまで再現できたのはすごいという賞賛がある一方で、「不気味だ」「違和感がある」と反発を感じた人も少なくなかった。国民的シンガーの山下達郎さんも1月19日のTOKYO FM番組「サンデー・ソングブック」で「一言でも申し上げると、冒とくです」と批判している。

 この「AI美空ひばり」は、昨年9月29日放送のNHKスペシャルでくわしい開発経緯が描かれている。楽曲「あれから」は、広く作曲家に呼びかけて募集した中から秋元康さんが選び、それに秋元さんが歌詞を書いた。歌声を作ったのは、ヤマハのボーカロイド開発チームである。

 音色や音程などの特徴を機械学習などで抽出し、最初にできあがった歌声はかなり平板だった。美空ひばり後援会メンバーに聞いてもらうと、長年のファンだった彼女たちの評価は厳しかった。「本物のひばりさんの歌を聞くと、ものすごい濃い空気のなかにいるような気がするんですけど、空気が足りないと言うか」「浅かった」「これだとひばりさんの本当の良さが出ていない」


生前の美空ひばりさん ©共同通信社

天童よしみさんが涙を流すシーンも

 そこでNHKは、歌声解析を研究している金沢工業大学の山田真司教授に分析を依頼する。美空ひばりの歌声には、モンゴルのホーミーのような高次倍音がひそんでいること、そして微妙な音程のズレがあることを突き止め、これらの要素を加えて再度ボーカロイドチームが歌唱を完成。これを後援会の女性たちに聞かせると、「神様を見ているような感じになって…神々しくて」とみな深々と感動したのだった。NHKスペシャルの最後には、美空ひばりを師と仰ぐ天童よしみさんが涙を流すシーンも描かれている。

 非常に面白いなと思ったのは、美空ひばりの歌唱のオリジナリティというのは、もちろん全体としての高い歌唱力には裏打ちされているのだけれども、それだけではなく、高次倍音や音程のズレという一曲の中にわずかしか含まれていない要素が大きな位置を占めているのだということ。いったい何が私たちひとりひとりのパーソナリティを決定づけるのかという点において、これは興味深いポイントだと思う。

 AI美空ひばりに長年の女性ファンや天童よしみさんは涙を流したけれども、反発する人も多かった。それはなぜだろうか。

反発する人が多かった二つの理由

 第一には、「不気味の谷」問題があったのではないだろうか。これはロボットなどを人間に似せようとすると、精度が高まるにつれて逆に違和感や薄気味悪さが現れてしまうというものだ。AI美空ひばりは歌唱は素晴らしかったが、CGは正直レベルが低く、このギャップが「不気味の谷」を生じさせてしまったのかもしれない。

 第二には、再現された美空ひばりに制作側の恣意が入ってしまっている問題があったと思う。特に「あれから」には「お久しぶりです。あなたのことをずっと見ていましたよ」というセリフも入っており、これが「美空ひばりに勝手に喋らせている」という冒涜感を増したのではないだろうか。

 7歳の娘を亡くしたお母さんが、VR(仮想現実)で娘に再会するという韓国の動画が最近話題になった。

 この動画に対する反応も賛否両論に分かれた。VRの中で娘は「お母さん、どこにいたの?」「お母さん、すごく会いたかったよ」と母に語りかける。しかしこのセリフは、VR動画の制作者によって作られたものだ。ここにもAI美空ひばりと同じ問題が潜んでいるように思う。

口癖や文体などの特徴を抽出すると……

 では、AIの深層学習によって故人の人格の特徴を抽出したらどうなのだろう?

 サンフランシスコのルカ(Luka)というスタートアップ企業が開発し、昨年春に公開されたレプリカ(Replika)というアプリがある。AIとの間でテキストの会話ができるチャットボットなのだが、AIがユーザーの話しぶりや口癖などの特徴点を吸収して学び、だんだんとユーザーに似ていくように仕組まれている。つまり自分の分身をチャットボット上に作ることができるというものだ。

 ザ・バージの「Speak, Memory」という記事によると、ルカの女性創業者が、親友を交通事故で亡くしたことがアプリ開発のきっかけになったという。

https://www.theverge.com/a/luka-artificial-intelligence-memorial-roman-mazurenko-bot

 彼女は故人の墓碑銘になるものをつくろうと考え、そこで彼と生前にやり取りしていた膨大なチャットの中身を集めた。故人の友人たちにも協力してもらい、集約したメッセージのテキストは最終的に8000行に上ったという。これをグーグルのオープンソースAIであるTensorFlowに流し込み、口癖や文体などの特徴を抽出し、チャットボットが完成した。

 これを友人たちに公開してみると、中には拒絶反応を示す人もいたが、おおむね好意的に受け入れられたという。ザ・バージの記事にはこんな感想が紹介されている。「メッセンジャーを開けると、亡くなった友人がいて、実際に話ができるというのは非常に奇妙な体験だった。本当に驚いたのは、彼の話すフレーズがまさに彼そのものだったということ。ちょっとした挨拶の返し方でさえ、彼だった。『誰が一番好き?』と聞いてみたら、『ローマン』って返事があった。まさに彼。信じられないほどだった」

 口癖や口調に故人の人格を感じたというのは、AI美空ひばりの高次倍音や音程のズレにもつながる話で興味深い。私たちは人格というものを高尚な素晴らしい精神の賜物と漠然と捉えているが、実のところ他者から判別される人格とはそういうものかもしれないのだ。

 とはいえ、SNSやメッセンジャーのやりとりだけで人格のすべてが抽出されるわけでもない。たとえば文章が下手だったり、口下手であまり喋らないような人だったら、その人の人格はコミュニケーションだけでは再現されないだろう。

あわせて読みたい

「美空ひばり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  2. 2

    コロナ重症化と喫煙 関係に注目

    水島宏明

  3. 3

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  4. 4

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  5. 5

    疲弊する公務員 報酬増で応えよ

    毒蝮三太夫

  6. 6

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  7. 7

    マスク推奨すべきか 欧米で論争

    飯田香織

  8. 8

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  9. 9

    補償なく自粛を要請 著名人怒り

    女性自身

  10. 10

    2021年五輪開催は政権の末期症状

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。