記事

FRB、政策の方向性巡り金融市場の動向に留意=クラリダ副議長


[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は21日、FRBは金融政策の方向性を判断する上で金融市場の動向を留意していると述べた。ただ家計、企業、エコノミストの予想や数学モデルが示唆する内容と矛盾した場合には割り引いて考慮するとした。

副議長は「資本市場の動向を見ているが、単独ではなく、調査および軽量経済モデルからの補完的なシグナルと、資本市場のシグナルとのバランスを常に取っている」と指摘。「この3つの情報源全てからのシグナルが同じ方向性を示している場合、これらの一体化したシグナルの効果は、少なくとも政策の道筋に関する個人的な考えにおいて、シグナルの解釈が矛盾している場合よりも重要だ」と語った。

金利先物市場では年内2回の利下げを徐々に織り込んでいるが、エコノミストを対象とした直近のロイター調査では、FRBは2021年末まで政策金利を据え置くと見込まれている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  6. 6

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相に振り回され続ける日本

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。