記事

米とタリバン、29日に和平合意調印 暴力削減期間の終了後に


[ワシントン 21日 ロイター] - 米国とアフガニスタンの反政府勢力タリバンは、「7日間の暴力削減」期間が終了する29日に和平合意に調印する方針。双方が21日、明らかにした。

和平合意が実現すれば、2001年に米国主導の多国籍軍がタリバン政権を崩壊させて以降続いている米軍のアフガン駐留終了につながる可能性がある。

暴力削減期間は22日午前0時に開始。タリバン指導部が出した書面では、全戦闘員に対し防衛態勢を維持するほか、アフガン政府や国際部隊が警らに当たる地域に出ないよう指示した。

またタリバンの広報担当は戦闘員や司令官に対し、和平合意を調印した後の展開については、後日通知するとした。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。