記事

原油価格、今年は最低57ドルに 新型ウイルスで需要減退=IIF


[リヤド 21日 ロイター] - 国際金融協会(IIF)は21日、新型コロナウイルス流行を受け中国とアジア諸国の原油需要が減退し、今年の原油価格が平均で1バレル当たり最低57ドルまで下落する可能性があるとの見通しを示した。中東諸国の成長見通しに影響が出る恐れもあると予想した。

IIFの中東・北米関連首席エコノミストのガービス・イラディアン氏は「新型ウイルスを巡る状況次第だが、今年の原油価格予想を58ドル、もしくは57ドルに修正する公算が大きい」とした。従来予想は平均60ドルと、前年の64ドルから下落することが見込まれていた。

新型ウイルス感染拡大の影響で中国の成長率が0.5─0.7%ポイント押し下げられる可能性があると予想した。

「仮に中国の成長率が5%になれば、原油相場に大きく影響する。中国の原油需要は日量約40万バレル落ち込む可能性があり、他のアジア諸国の需要も減少するだろう」とし、そうなれば「世界の原油需要の伸びは日量90万バレルではなく、同30万─40万バレル増程度にとどまる可能性がある」と述べた。

これまでのところ中東諸国の経済への影響は抑制されているものの、今後は成長率に影響が及ぶ恐れがあるとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  2. 2

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  3. 3

    よしのり氏 都の外出自粛を批判

    小林よしのり

  4. 4

    感染者分析 オヤジは夜街出るな?

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  6. 6

    音喜多氏 小池知事の会見は有益

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    麻生氏 通貨スワップ韓国に問題

    ロイター

  8. 8

    映画に学べ 今見るべき感染作3選

    松田健次

  9. 9

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  10. 10

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。