記事

新型ウイルス、迅速な対応必要 封じ込めは可能=WHO


[ジュネーブ/ロンドン 21日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は21日、中国を発生源とする新型コロナウイルスの感染がレバノンとイランでも確認されたことを受け、世界的な感染拡大の封じ込めに向けた機会は狭まっているとの認識を示した。

テドロス事務局長は、感染拡大を封じ込められるという考えは変えていないとしながらも、「封じ込めに向けた機会は狭まっている。迅速に対応する必要がある」と述べた。

その上で「状況はどの方向にも展開する可能性がある。うまく対応できれば深刻な危機は回避できるが、対応の機会を逸すれば深刻な問題に直面する」と述べた。

また、イランで感染者が18人、感染による死者が4人になったことは「大きな懸念」と指摘。WHOがイランに検査キットを提供したことを明らかにした。

21日はレバノンでも初めての感染を確認。WHOの感染症専門家、シルビー・ブリアン氏は「異なる場所で、それぞれ異なる感染パターンが見られている」とし、感染形態は多様化しているとの認識を示した。

テドロス事務局長はこのほか、WHOが率いる国際専門家チームが22日に中国の専門家と共に新型ウイルスの発生源となった湖北省の武漢を訪れることを明らかにした。WHOのチームは先週末に中国入り。米疾病対策センター(CDC)のほか、日本、ドイツ、ナイジェリア、シンガポールなどの専門家で構成されている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  3. 3

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。