記事

中居正広、ジャニーズから退所「今は登る山を探しているところ」

 2月21日、中居正広が、34年間所属してきたジャニーズ事務所から退所することを報告した。

 約2時間に及ぶ会見では、準備中から中居が報道陣の前に姿を現し、出迎えるという異例の展開に。「これ何時までやるの?」とボヤきながら、「じゃあ1媒体、質問は5問まで」と小ボケを入れながら進行していった。

 退所の話は、去年の5~6月から話し合いを始めたという。

「ジャニーさんが倒れられて、それどころじゃなくなった。そして亡くなられて。そしたら今度はジャニーズをやめる人がいたり、グループから抜ける人が出てきて。これを見ていたら、いつまでたってもやめられないなと」

 だが、解散から3年がたち、準備も整ったので3月退社の運びになったという。

「はったりでここまできた感じ。解散して、自分のメッキがはがれてきたのは感じていた。SMAPの看板や事務所の力でここまで来られたので。環境を変えないといけないと思う3年間でした」

 今後は完全に独立し、タレント活動を続けていくという。

「会社はおとといできたばっかり。父親の命日です。父親の命日を忘れないように、会社名は『のんびりな会』。“ナカイ” って文字は入れたかった」と笑顔を見せた。

 SMAPの4人にも、退所の報告は済ませた。

「昨日、メールでお伝えしました。返事が遅い人もいれば、のんきな内容だったり、みんなそれぞれの反応でしたね。ひとつ言うなら、剛くんは返事が一行ぐらいでした。内容は言えないですけど(笑)。メンバーの半分から(メールが)返ってきて、半分は返ってきてない」

「新しい地図」との合流は「まったく考えていない」というが、SMAPの再結成などは今後ありえるのか。

「エンターテイメントというのは、1~99%の可能性のなかでやっている。非常識を常識に変えないといけないし、3人との共演も1~99%のなかにある。僕がやりたいからと言って、相手が拒否したらできない。僕が今後Kis-My Ft2に入るかもしれないし、V7になるかもしれない。今は登る山を探しているところ」

 結婚は「ない」とのこと。「結婚願望もありません。欠落しているというか、ヤバイのは自分でもわかってるので」と、独身宣言。相変わらずブレない姿を見せていた。

あわせて読みたい

「中居正広」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  4. 4

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  5. 5

    ニトリ偽サイト「ミトリ」に注意

    ABEMA TIMES

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    医療従事者への誹謗中傷 SNSでも

    川名 ゆうじ

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    パスワードの管理方法は紙が最強

    PRESIDENT Online

  10. 10

    中島みゆきとユーミン 本当の仲

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。