記事

ユーロ圏総合PMI速報値、2月は51.6に改善 予想上回る

[ロンドン 21日 ロイター] - IHSマークイットが発表した2月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は51.6と、前月の51.3から上昇し、ロイターまとめたすべてのアナリスト予想を上回った。

予想中央値は51.0だった。PMIは50が好不況の分かれ目となる。

IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「新型コロナウイルスで供給面の問題が起きており、多くの企業が様々な混乱に見舞われれているが、ユーロ圏経済は2月も何とか勢いを維持した」と指摘した。

需要は相対的に引き続き良好で、来月悪化することはないとみられる。新規ビジネス指数は、7カ月ぶりの高水準となった1月の51.3を維持した。

ウィリアムソン氏は、今回の調査結果について、域内総生産(GDP)が0.2%増となることを示唆していると分析。今週のロイター調査の予測と一致した。

サービス部門が好調だった。2月のサービス部門PMI速報値は52.8と、前月の52.5から上昇。市場予想を上回った。

需要は底堅く、雇用は引き続き拡大している。ただ雇用の拡大ペースは鈍った。雇用指数は52.6と、前月の53.0から低下した。

2月の製造業PMI速報値は49.1と、約1年ぶりの高水準。ロイターがまとめたすべてのアナリスト予想を上回った。50を下回ったものの、上昇が続いている。前月は47.9だった。

生産指数は48.4で、前月の48.0から上昇。

大半の先行指標が改善した。製造業が回復軌道を維持し、楽観的な見方が続いていることを示唆している。将来の生産に関する指数は57.9と、前月の17カ月ぶり高水準59.8から小幅な低下にとどまった。

ウィリアムソン氏は「拡大の主因は、サービス部門の歓迎すべき底堅さだが、製造業にも、過去1年以上生産者を悩ましている低迷から脱却する心強い兆しが出始めている」と述べた。

予想を上回るPMI統計の発表を受け、ユーロは対ドルで小幅上昇。ドイツ10年債利回りは4カ月ぶりの低水準から反発した。

INGのBert Colijn氏は「新型コロナウイルスの影響の初期の兆しは見られたが、2月のユーロ圏PMIは改善した。特に製造業の不況の震源地となっていたドイツで、製造業に回復の芽が見えた」と述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。