記事

NHKがついにネット常時同時配信 3月1日開始の「NHKプラス」は動画サービスを駆逐するか


2020年3月1日より、NHKが番組のネット常時同時配信/見逃し番組配信するサービス「NHKプラス」を開始します。

ついにNHKが本気でネット配信に乗り込んできたのです。

報道関係者向けにNHKプラスの体験会が開かれたので、早速参加してきました。【取材・撮影 田野幸伸】

受信契約があれば追加料金無しで利用OK

NHKプラスはiPhone・Android向けアプリか、スマートフォン・PCのブラウザから視聴可能で、NHKの受信契約をしていれば、追加料金なしで利用できます。

受信料を払っていないと、BSの受信料を払っていないときのように、画面にメッセージが表示されてジャマになる仕様となっています。見逃し配信機能も利用できません。

1契約につき同時に5画面まで視聴できるので、家族でIDをシェアすると良いでしょう。


NHKプラスは4月1日から正式サービス開始となり、午前6時から24時まで、1日18時間程度の同時配信が行われます。なお、24時から5時59分までの番組は、同時配信はないものの、見逃し配信では見ることができるとのこと。

3月1日からの1ヶ月間は試行的な実施ということで、午前7時から24時までの1日17時間程度の配信となります。

配信されるのはNHK総合とEテレの2波。サービス開始時は南関東エリア(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)を対象とした放送を全国に配信します。

サービス内容は放送の同時配信と、7日間の番組見逃し配信。ただし、すべての番組が配信されるわけではなく、権利調整のついたものから配信されるそうです。

実際にアプリを体験してみた感想「普通によくできてる」


生配信は地上波より約30秒遅れで配信され、配信中でも番組冒頭から見られる「追いかけ再生」や、それが生配信かひと目でわかるLIVEマークも用意。メニューボタンタップで番組情報や出演者情報が表示され、再生画面の下には関連動画が。

見逃し配信の番組表、番組や出演者の検索機能、テーマ別にハッシュタグで番組を並べたプレイリストなど、動画配信アプリにはこういうのあるよね、という機能が普通に用意されています

普通に必要なものがちゃんとあるって大切ですよね。


見逃し配信にはシーンごとのチャプター機能もあり、家でHDDレコーダーを使っているときと同じように使えます。

実機をテストしながら感じたのは「やべえ、NHK本気だ…」という事。東京五輪でメダルのかかった競技が始まったら、どこもかしこもスマホでNHKを見ている、なんてシーンが街中で見られるかもしれません。これは脅威です。

NHKらしいなと思ったのは、見逃し配信を視聴中でも、地震などの緊急ニュースがあった場合は生配信がカットインするとのこと。そのニュースに興味がなければ見逃し配信に戻ることもできるそうです。

また、番組をSNSなどでシェアする機能もついており、○分○秒のこのシーンからみんなに見てほしい! ということも可能です。radikoなどについてるやつですね。

大河ドラマが配信されることになれば、「おっぱい祭り」と話題になった「麒麟がくる」のあのシーンがネット中を埋め尽くすようなことも予想されます。NHK始まったな。

【関連記事】大河ドラマ『麒麟がくる』の遊女シーンが話題に「おっぱい祭りだ」


画質はモバイルとWi-Fi環境で別に設定することができ、全4パターン。副音声も選べます。

高 960×540(1時間あたり0.7GB)
中 640×360(1時間あたり0.4GB)
低 448×252(1時間あたり0.2GB)
最低416×232(1時間あたり0.1GB)


スマホを横向きにすれば全画面表示も可能です。

最強のコンテンツになるかもしれない字幕機能


NHKプラスで「これは便利だ!」と思ったのが字幕機能。TVの字幕放送を配信でも視聴できるので、音を出せない電車内やオフィスで大活躍の予感しかしません。


表示方法もオーバーレイと枠外が選べます。自分のデスクにNHKプラス用のタブレットを置いて1日中表示させておいたらかなり便利ですよねこれ。記者やライターのマストアイテムになりそうです。

「枠外」を選ぶと画面下に字幕が表示される

サービスの紹介をしてくれた池田伸子アナウンサーに質問してみました。


ー番組に出演する立場のアナウンサーとして、ネットで番組が見られるようになることをどう感じていますか?

「NHKプラスならば、新しい視聴者層や世代に、放送波を超えて番組が届きます。プレイリストから見たことのない番組に出会ってくれるかもしれないし、全く興味がなかったもの、いままで選択しなかったものにも触れていただけます。

ニュースは放送時間が決まっているので、その方のライフスタイルに入っていなければ全く見られません。ネットニュースで情報を得ている方も多いと思いますが、その選択肢の一つに加えてもらえるようになるのでは。個人的にもそのほうがアクセスしやすいです(笑)これを機会に番組を見てくれる人が広がるのではと期待感を持っています」

サービス利用には登録(無料)が必要

最後に登録方法ですが、必要なのはメールアドレスと、放送受信者契約情報。実家の場合は親に登録して貰う必要がありそうです。ネットから登録後、1〜3週間で契約の住所にハガキが届きますので、ハガキの案内に沿って確認コードを入力すれば登録完了。

利用申込直後から視聴は可能ですが、確認コードを入れないままだと、一定期間経過後に放送受信契約の確認メッセージが表示されるそうなので、ポストをしっかり確認しましょう。人間最後はアナログです

番組にはYouTubeや民放の動画サービスのようにお知らせが入ることもなく、見逃し配信には番宣も含まれないそうです。毎月NetflixやAmazon Primeより高い受信料を払っているとはいえ、ストレスフリーでいいですね。

スマートフォンやPCで普通にNHKが見られる時代がやってきました。これは既存の動画サービスにとって、かなりの脅威になるのではないでしょうか。

そして、番組を見て内容を書き起こすだけのネットニュースが今以上に増えそうな予感がします。そんなニュースを見たら、見逃し配信機能を使って、どこを意図的に抜き出したのか確認するのも楽しそうですね。

NHKプラス 実機のテスト動画はこちら

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  7. 7

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  10. 10

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。