記事

「批判というより、しっかり監視する」 新型コロナウイルス合同対策本部


 「われわれの役割は政府を批判するというよりは、政府の動きをしっかり監視して、国民の思いに寄り添っているのか。現場の状況にきちんと対応しているのか。そういったことをフォローするのが立法府の役割だ」 国民民主党を含む共同会派は20日午後、新型コロナウイルス合同対策本部会議を開催。関係省庁から現状のヒアリングを行うとともに、医療体制の整備や経済・雇用対策など、政府への申し入れの内容について議論した。

 冒頭、政府への申し入れの内容について、会派所属メンバーからの意見の取りまとめに当たった泉健太政務調査会長が「非常にたくさんの方々からご意見を頂いた。まずはこのことに感謝申し上げたい」と、あいさつするとともに「頂いた意見の中から、我々として政府に端的に申し上げなければならない点を抽出させて頂いた」と、意見集約のプロセスについて説明した。

 内閣官房および厚生労働省からのヒアリングでは(1)横浜港に停留するクルーズ船の乗客への対応(2)新型コロナウイルス感染症検査の精度や国内における検査体制(3)情報公開(4)緊急経済対策、といった点に関し、会議に参加したメンバーから質問がなされた。

 特にクルーズ船への対応については、「本日クルーズ船を下船した乗客に対しては『不要不急の外出をしばらく控える』旨の連絡がなされていたのに対し、昨日下船した乗客にはそういった連絡がなされていなかった。連絡を徹底すべきではないか」「内部で行われている対策についてきちんと情報公開すべきではないか」「陸上でも、しばらくは一定の場所に乗客を留めおいて経過観察すべきではなかったのか」といった意見が出された。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  5. 5

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  8. 8

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  9. 9

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  10. 10

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。