記事

塾より家庭教師が効く子供を見きわめる「ひと言」

1/2

塾と家庭教師、子供の学力を上げるにはどちらがいいのか。プロ家庭教師集団「名門指導会」代表の西村則康さんは「ひとくちに家庭教師といっても、そのレベルはさまざまだ。何人もの講師を体験して、その結果、子供が『イマイチ』と言ったらやめたほうがいい」という——。

※写真はイメージです

「転ばぬ先の杖」と、低学年から塾に通わせる親たち

今、首都圏ではわが子の将来のために、多額のお金をつぎ込む親が増えている。就学前からピアノ、体操、水泳、ダンス、将棋、公文……と、1週間の予定が習い事でびっしりうまっている子も多い。また、低学年からの塾通いも増えている。そういう家庭に共通しているのは、「この子の将来のために」という親の愛情からくる失敗防御だ。

小学校に上がったら鉄棒ができないと、友達に笑われる。

運動会のかけっこでビリになったらかわいそう……。

わが子に悲しい思いはさせたくないから、今のうちに体操教室に行かせておこう。早く走れるようになるフォームを教えてもらおう。実際、首都圏にはそんな親の要望をかなえてくれる教室が存在するのだ。

近年、少子化にもかかわらず、首都圏では中学受験熱が高まっている。中学受験といえば、これまでは大手進学塾の受験カリキュラムがスタートする小3の2月から、4年生クラスに通うのが一般的だった。ところが最近は、難関校に強い塾の人気校舎に子供が殺到し、4年生クラスが狭き門となっている。そこで、小1や小2といった比較的入りやすい時期に、先に席を確保しておきたいと考える親が増えている。

また、中学受験の受験科目で最も重要といわれる算数を早いうちから得意にしておきたいと、中学受験のプレ教室にあたる算数単科の学習塾に通わせる親もいる。中学受験が盛んなエリアでは、こうした低学年向けの算数塾がいくつもできている。

友達の通っている教室が、わが子に合うとは限らない

では、こうした情報はどこから仕入れているのか。一番多いのは、親しいママ友からの情報だろう。また、子供から「○○ちゃんは、4月から塾に通うんだって」と聞くと、「うちもぼんやりしていられない」と気持ちが焦り、同じ道を進むこともある。今の時代は、インターネットやSNSを通じてありとあらゆる子育て情報が流れてくるから、「これをやらないとうちの子だけ損をするのではないか」と思い込んでしまう親は少なくない。

子供にはそれぞれ個性がある。友人の子には有効だったことが、わが子にも当てはまるとは限らないのだ。例えば、先に挙げた低学年向けの算数塾は、もともと算数が好きだったり、得意だったりする子なら、小学校の勉強よりも楽しくてワクワクするだろう。しかし、そうでない子にとっては、先取り学習はあまり効果がない。それよりも、今は基礎の計算力をしっかり鍛えるほうがいいだろう。

近ごろ人気を集めている理科実験教室も同じことが言える。多くの理科実験教室では、先生が子供たちの前で実験をやってみせる。「わ~! 色が変わった!」とその時は驚くけれど、実験を見ているだけの子にはあまり意味がない。行かせるのであれば、全員参加型の少人数の教室で、実際に自分の手でできるところがいい。何よりも「なぜそうなるのか?」と、興味を持つことが大事だ。興味を持てば、もっと知りたいと前向きな学習につながっていく。また、自分自身で体験し、深い納得を得られれば、記憶から消えることはない。

子供が楽しそうなら続ければいい

親が良かれと思ってやらせるものには注意が必要だ。誤解しないでいただきたいのが、こうした教室や、習い事をさせることが悪いと言いたいわけではない。幼児期の子供は何に興味を持つかわからないので、いろいろやらせてみるのはいいことだと思う。

しかし、やりたくないものを無理にやらせたり、習い事でスケジュールがいっぱいになってしまったりすることには賛成できない。いろいろ試して、子供が楽しそうにやっていたら続ければいいし、つまらなそうにしていたらサクッとやめてしまえばいい。

わが子の失敗防御のために、親が先回りしすぎないようにしてほしい。昔から「失敗は成功のもと」と言われるように、人は失敗から学ぶことが多い。失敗できない子供は、学ぶ機会を奪われる。それは、子供にとって本当にいいことなのだろうか。

小学生に教えるのは中高生より難しい

わが子を少しでも良い環境で学ばせたい。中学受験をする家庭の親はそう話す。その“良い環境”とは、偏差値が高く、大学進学実績のいい学校であることが多い。しかし、そういう学校を目指すとなると、普通の小学生の学力では太刀打ちできないほどの難しい問題に挑戦することになる。

多くの中学受験塾は、「うちの塾から何人を御三家に合格させたか」に重点を置いているため、カリキュラムは難関校に入れるレベルで作られている。しかし、そのカリキュラムにラクラクついていける子はそう多くない。そのため、私のような中学受験専門の家庭教師の指導を求める家庭が増えている。

ひとくちに家庭教師といっても、そのレベルはさまざまだ。小学生に教えるくらいなら大学生でもいいだろう、塾講師の経験がある人だから大丈夫だろう、などと思ってはいけない。

私は中学受験、高校受験、大学受験とそれぞれの指導をしてきたが、小学生に教えることほど難しいものはないと感じている。特に中学受験は、小学生の子供にとっては理解が難しい抽象的な問題が多いため、どこがわからないのか、どこからわかりづらくなっているのか、原因を深く探っていく必要がある。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  3. 3

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  4. 4

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    マスク配布の誤解生む残念な政府

    青山まさゆき

  7. 7

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  8. 8

    99人の壁サクラ騒動 別に問題も

    マイナビニュース

  9. 9

    陰謀論ダメ 太田光が訴えた意味

    水島宏明

  10. 10

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。