記事

クルーズ船と感染症対応世界ルールの確立を、日本から!

 イギリス船籍の「ダイヤモンド・プリンセス」は、イギリスが排他的な管轄権を持ちます。

 いわゆる旗国主義です。

 我が国は、イギリス船籍の「ダイヤモンド・プリンセス」の感染拡大措置を講じる義務も責任もなく、横浜港に寄港拒否をすることも可能でした。

 今回の事案は、クルーズ船の大型化が世界の潮流の中で、「旗国主義」という原則と、感染症対応にどのように対処すべきか、ルールが存在していないという大欠陥を、世界にさらすことになりました。

 このピンチを日本主導で、規範、ルールの確立に努めることも、海洋国家、観光立国の我が国の使命であるとも考えます。

 この点も、来週の予算委員会分科会で提案します。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。