記事

クルーズ船と感染症対応世界ルールの確立を、日本から!

 イギリス船籍の「ダイヤモンド・プリンセス」は、イギリスが排他的な管轄権を持ちます。

 いわゆる旗国主義です。

 我が国は、イギリス船籍の「ダイヤモンド・プリンセス」の感染拡大措置を講じる義務も責任もなく、横浜港に寄港拒否をすることも可能でした。

 今回の事案は、クルーズ船の大型化が世界の潮流の中で、「旗国主義」という原則と、感染症対応にどのように対処すべきか、ルールが存在していないという大欠陥を、世界にさらすことになりました。

 このピンチを日本主導で、規範、ルールの確立に努めることも、海洋国家、観光立国の我が国の使命であるとも考えます。

 この点も、来週の予算委員会分科会で提案します。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。