記事

韓国人観光客が消えた対馬 ホテルも免税店も閑古鳥

比田勝港にかつての賑わいはない(写真:藤原修平)

 韓国人観光客の足が遠のいたことによる対馬の窮状が伝えられている。その最新事情を探るべく、ソウル在住のジャーナリスト藤原修平氏は対馬を訪問した。

 * * *
「去年の6月までは韓国人客がたくさんいたんですけどね。いまはさっぱりですよ」──私が韓国に住んでいることを伝えると、対馬の人たちは誰もが懐かしむようにそう話した。2020年2月上旬のことだ。私はふと思い立ち、2泊3日の旅程を組んで対馬を訪れた。

 私が以前から知る対馬といえば、韓国人ツアー客が押し寄せる観光地としてだ。韓国の釜山から高速船でわずか1時間という地の利もあるのだろう。一日に何便もの高速船が釜山と対馬を結び、船の到着地である対馬北部の比田勝(ひたかつ)港周辺では、住民よりも韓国人客のほうが多く見られたという。

 それが一変したのは昨年夏のことだ。徴用工問題に端を発する日韓の対立が激化した結果、日本製品の不買や日本旅行中止を訴える「ノージャパンキャンペーン」が韓国全土を席巻。これに伴い、対馬を訪ねる韓国人客の足が途絶えた。

 今回の旅行で私が釜山から乗った高速船の乗客は、ざっと数えたところ100人いるかどうか。乗船率は25%ほどだった。この船を運航するのは韓国の未来高速社で、ネットの予約サイトでは往復チケットが2000~3000円という破格の安さで売られている。ちなみに、日本のJR九州が運航する高速船の場合は往復で5000円~が相場だ。

 しかもこの未来高速社のネット予約は、不思議なことに、往復であれ片道であれ、釜山発のチケットしか購入することができない。出発地を比田勝に設定できないようになっているのだ。ホームページも韓国語しかないところを見ると、もっぱら韓国人だけを顧客として当て込んでいるらしい。実際に乗客のほとんどは韓国人で、入国時に日本人のブースで審査を受けたのは私を含めて3人ほどだった。

 比田勝港の国際ターミナルを出て宿泊先まで歩いて向かうと、すぐに真新しい建物の免税店が目に飛び込んでくる。ドアから中をのぞくと、がらんとした店内で手持ち無沙汰にしている店員の姿りが目立つ。

 対馬には比田勝だけでなく、南部の厳原(いづはら)にもいくつかの免税店がある。ネットで調べると島内に全部で8軒あるという。そのうち私が目にしたのは5軒ほどだが、どこも比田勝の国際ターミナルそばの店舗とおなじような状況で、閑古鳥が鳴いていた。

 比田勝から車で10分ほどのところに温泉施設があるというので行ってみた。湯船につかりながら対馬の青い海の広がる絶景を楽しめる。

 この温泉施設の隣には、昨年9月に開業したりの日本の大手ビジネスホテルチェーンが運営する宿泊施設がそびえている。風呂上がりに地元の人に聞いてみると、韓国人観光客の利用を見込んで作られたらしい。だが、帰りにホテルのラウンジでコーヒーを飲もうと足を運んでみると、スタッフ以外に人の姿はない。フロントの脇にある広いスペースには自動販売機と簡易テーブルが置かれているだけだ。

 それにしても、対馬にある免税店や宿泊施設のキャパシティを考えると、これまでどれほど多くの韓国人が島を訪ねていたのかと思う。比田勝の住人から聞いた話だが、「日本は嫌いだけれども、対馬は好き」という韓国人もいるという。ではいったい、韓国人は対馬に何を求めて足を運んでいたのだろうか。

 島民にそう尋ねると、「よくわからない」という答えりが返ってきた。ただ、いろいろ聞いてみると、どうやら島に残された“手つかずの自然”と“魚”に魅かれてのことのようだ。“手つかずの自然”は、今の中高年が子どもの頃、まだ開発が進んでいない韓国の姿と重なるのだろう。そのような自然は韓国全土からほぼ消滅してしまっている。

“魚”については、比田勝港国際ターミナルのすぐそばに何軒か、新鮮な魚をネタにした寿司屋が点在している。対馬に滞在中、私は何度か寿司屋に入ったが、そこには今では“珍しい客”となった韓国人客が寿司を頬張り、楽しそうに過ごしている姿が見られた。韓国経済の中心地であるソウル・江南地区でも、寿司は“お洒落な日本食”として人気がある。それが、ここ対馬では信じられないほどネタがよく、激安な価格で堪能できるのだ。

 韓国人客は多くがリピーターになって再訪してくれていたという。その一方で、日本人客は、「もう対馬には来ないと思う」と言って帰る人も少なくなく、それが寂しいと、島で小売店を営む主人は少し顔をしかめて話していた。

あわせて読みたい

「対馬」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  4. 4

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  5. 5

    ニトリ偽サイト「ミトリ」に注意

    ABEMA TIMES

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    医療従事者への誹謗中傷 SNSでも

    川名 ゆうじ

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    パスワードの管理方法は紙が最強

    PRESIDENT Online

  10. 10

    中島みゆきとユーミン 本当の仲

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。