記事

地方から見る意識低すぎ新型コロナ対策

MBSが新型コロナの風評被害の報道をしてくれていたが、和歌山の湯浅・有田での風評被害はひどい。
本来はブランド物のはずの「有田みかん」も全く需要がないらしく、農家に聞くと、農協にもっていっても断られるらしい。

風評被害の恐ろしいところは、実態の被害ではなく、先の見えない恐怖の拡散力を忌避しようとするあまり、行動が委縮してしまう点にある。

今回の件では、風評被害は目に見える結果だけではなく、目に見えないところで深刻な影響を及ぼしている。

大抵の人は、自分が感染源と特定されたときの恐怖がもたらすであろう影響など、考えたくもないだろう。

「自分が新型コロナに感染している」とわかってしまえば、つまり、恐怖の拡散力の発信源になってしまえば、世間体の面でも、営業(仕事)の面でも、致命的なダメージを負う事は容易に想像できる。

私の店(薬局)に来る客でも、「俺は自営業だから、たとえ新型に感染している疑いがあっても、絶対に検査なんかはしない。だって、もしそれとわかったら廃業必至だから。」という人がいる。

これだけの騒ぎになってしまった以上、そのように考えるのは自然だし、実際内心疑いのある人でも検査なんかしないと思っている人は多いだろう。

なので、今になってみれば、感染者数の数値などは無意味であり、どこにでも感染の可能性はあると考えて間違いない。

もはや今更とれる対策としては、より重症化しやすい高齢者や基礎疾患をもった人たちへの伝播をできるだけ遅らせる、ウィルスとの接触可能性を低くすることくらいかもしれない。

その意味で、病院・施設での衛生管理や行事の自粛などはある程度効果があるものと思われる。

感染症の対応は公衆衛生のテリトリーであり、個々人は「公」に対してどの程度影響があるのかを冷静に判断して、行動する必要があるが、前述の「風評被害→廃業」のような予測がたってしまう以上、教科書的に「公」を保全することは、責任者(国)にとっても無理な話だろう。

とはいえ、臨機応変にやれることはやっておいたほうが良いに決まっている。

民間ではほとんど必要ないのではないか、と思われるイベントまで中止、あるいは延期することで、「公」の保全を図ろうとしているのに対し、驚くべきことに、国は「スケジュールに合わせるために」百人規模で医療従事者を集める研修をこの時期に開催している。

「オンライン診療に伴う緊急避妊薬調剤に関する研修会」というタイトルのイベントで、各都道府県の薬剤師会が厚労省からの要請に従い、地域の全薬剤師を対象に集合研修を実施する。

日々、高齢者や基礎疾患をもった患者に接触する薬剤師がギューギュー詰めの部屋でこの時期に研修を行うリスクを上回るベネフィットがあるのか、疑問を和歌山県薬剤師会に問い合わせたところ、「いやー、国が言うからね。4月から始めるには今やらないといけないみたいよ。もともと決まってたみたいだから。」とのこと。

「じゃあ、強行ですね。」というと、「国が言ってるから。」と再びのご宣託。
(ちなみに和歌山県は24日の開催)

事実上、オンライン診療なんかは和歌山県ではほぼやれていないのに、今やる必要があるのか、という疑問はおくにしても、民間がこれだけセンシティブに対応している中で(まあやりすぎの感はあるが)、国のあまりにも鈍感な対応は際立っているように見える。

「今更スケジュールを変更するのはいろいろ手間がかかるから」という理由は、(事務方として)わからんではないが、そのような「木を見て森を見ない」感覚で、国レベルの公衆衛生に対して責任を全うすることができるのか、はなはだ心もとなく思う。

蛇足
今見たニュースでは、厚労相がイベント開催自粛の判断を再検討するように、との提言をしている。(暗に自粛するな、と言ってるように聞こえる。)
オリンピックへの忖度なのかどうかわからないが、どうも世間との温度差が大きい印象。
どちらが「行き過ぎ」なのか、結果判断できそうにないが、(この温度差は)政権にとって致命的になりうることを認識しているのかどうか。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  3. 3

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    マスク配布の誤解生む残念な政府

    青山まさゆき

  7. 7

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  8. 8

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  9. 9

    99人の壁サクラ騒動 別に問題も

    マイナビニュース

  10. 10

    陰謀論ダメ 太田光が訴えた意味

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。