記事

Lブランズ、ビクトリアズ・シークレット過半数株売却 創業者退任


[20日 ロイター] - ファッション・ブランドを展開する米Lブランズ<LB.N>は20日、傘下の女性下着ブランド「ビクトリアズ・シークレット」の過半数株式を投資会社シカモア・パートナーズに売却すると発表した。

さらに、1982年にビクトリアズ・シークレットを取得し、傘下ブランドに収めたLブランズ創業者レスリー・ウェクスナー最高経営責任者(CEO)の退任も合わせて発表した。ウェクスナー氏は1963年から同社を率いてきた。

シカモアはビクトリアズ・シークレットの株式55%を取得することで合意。同ブランドの価値を11億ドルと評価した水準での取引となる。Lブランズは残りの45%の保有を続けるが、今後はボディケア用品ブランド「バス&ボディ・ワークス」に注力する方針とした。

ビクトリアズ・シークレットの2019年売上高はLブランズ全体(132億4000万ドル)の約半分を占めたが、オンライン小売業界からの競争にさらされる中、売り上げは少なくとも4四半期連続で減少している。最近はブランドイメージの悪化や、体型の多様性にそぐわない下着デザインなどへの批判が高まっていた。

物言う投資家で株主のバーリントン・キャピタルは昨年、業績が低迷しているビクトリアズ・シークレットの分社化、もしくは業績が堅調なバス&ボディ・ワークスの株式公開を模索するよう要求していた。[nL3N20S3OJ]

Lブランズの株価は3.6%安で終了。ここ数週間は、シカモアによるビクトリアズ・シークレット買収期待から株価は上昇していた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。