記事

ロンドンで「東京五輪の代替開催可能」、新型肺炎影響で市長候補


[東京/ロンドン 20日 ロイター] - 5月に行われる英ロンドン市長選の保守党候補、ショーン・ベイリー氏は20日、新型コロナウイルスの影響で今夏の東京五輪開催が危ぶまれれば、代わりにロンドンで開催できるという考えを示した。

ベイリー氏はツイッターへの投稿で「ロンドンは2020年にオリンピックを開催できる」と意欲を表明。2012年のオリンピック開催都市だったロンドンには経験があるほか、インフラも整っているとし、必要に応じロンドンを代替開催地として検討するよう、国際オリンピック委員会(IOC)に促すと述べた。

同日には横浜に停泊し、新型ウイルスの集団感染が発生しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた80代の日本人男女2人が死亡したことが明らかになり、東京での五輪開催に懸念が高まっている。

ソーシャルメディアではベイリー氏のコメントに対し賛否両論の投稿が飛び交った。ロンドンが最良の代替案との声が聞かれる一方、「オリンピックを日本から奪わないで!そもそも英国は、自国船籍の『ダイアモンド・プリンセス』に何ら対処しなかった!」との批判も見られた。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は電子メールでの声明で、新型ウイルスを巡る状況を注視し、必要な措置を講じていると明らかにしたものの、ベイリー氏の発言にはコメントを控えた。

ロンドンのスポーツ当局者は「市長候補による発言に過ぎず、英国もしくはロンドン当局の発言ではない」とし、ロンドンがオリンピック開催に踏み切る計画はないと述べた。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。