記事

2月20日(木)ムネオ日記

昨日の全国各紙に、昨年1月父親のよる虐待で亡くなった栗原心(み)愛(あ)さん(10歳)が「自分への手紙」を書いていたことが虐待をした父親の祖母が明らかにしている。

殺される3カ月前に書かれている。全文、読んで戴きたい。
自分への手紙
栗原心愛さんへ
3月の終業式の日、あなたは漢字もできて、理科や社会も完ペキだと思います。10月にたてためあて、もうたっせいできましたか。自分ノート()さつめまで終わりました。5年生になってもそのままのあなたでいてください。

未来のあなたを見たいです。あきらめないで下さい。

4年1組くりはらみあより
どんな思いで自分を慰め、励まして書いたのか。考えるだけで涙が出てくる。

これだけの感性のある心(み)愛(あ)さんであり、大人になれば存在感のある人になっていたであろうと想像する時、虐待をした父親を恨み、呪いたくなる。「お前は人間か」と問いたい。何とも胸の詰まる話である。

改めて心(み)愛(あ)さんのご冥福をお祈りしたい。

昨日報道でまた腹立たしいことが判った。10日午前3時ごろ神戸市中央区のこども家庭センターに助けを求めて尋ねた小学6年の女児をなんと児童相談所のNPO法人の職員が「警察に相談しなさい」と追い帰していたという。

真夜中に必死の思いで来たであろう子供を守るのではなく、突き放すこのNPO法人の職員に「なんと心ない奴か」とそばにいるなら殴りつけてやりたいと思う。大人が大人でなくてどうするのか。

虐待が社会問題となっている時、心ない大人のせいで「どうすればいいのか」と子供の不安が増すばかりであろう。

「モノ豊かにして、心貧しき日本人」と言われて久しいが、「子は宝」を今一度合言葉にする健全な社会にしたいものである。

大人1人1人の責任と義務を果たして行こうではないか。

あわせて読みたい

「児童相談所」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  3. 3

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  4. 4

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  5. 5

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  6. 6

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  8. 8

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  9. 9

    97人感染受け小池都知事が危機感

    AbemaTIMES

  10. 10

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。