記事

独消費者信頼感指数、3月は9.8に小幅低下 新型ウイルスの影響懸念=GfK


[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツの市場調査グループGfKが発表した3月の独消費者信頼感指数は9.8で、前月の9.9(改定値)から小幅低下した。中国での新型コロナウイルスの感染拡大がドイツ経済の減速に拍車をかけるとの懸念が消費者心理を冷やした。ロイターがまとめたアナリストの予想とは一致した。

調査はドイツ人約2000人を対象に1月29─2月10日に実施した。

GfKの調査担当者ロルフ・ビュルクル氏は「新型コロナウイルスの感染拡大が、消費者が不透明感を抱く要因となったことはまちがいない」と述べた。

内訳をみると、収入の見通しに関する指数が低下した。感染拡大で中国での生産が滞り、ドイツ向けの供給に影響が出れば失業が増える可能性があると懸念されているという。

ドイツ欧州経済センター(ZEW)が18日に発表した2月の景気期待指数も、新型ウイルスを巡る懸念を背景に前月から大きく悪化した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  8. 8

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  9. 9

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。