記事

眞子さま、美智子さま不在のタイミングに結婚に関する発表も

眞子さまの「発表」のタイミングに注目が集まる(昨年10月、茨城県常陸太田市=撮影/JMPA)

美智子さまはいまも憂いを深められているという(1月2日、東京・千代田区、撮影/田中麻以)

 秋篠宮家の長女、眞子さま(28才)の「発表」は、いったいいつになるのか。事態が大きく動くタイミングは、目前に迫っているという。祖母である上皇后美智子さまを思うが故の、驚きのご算段──。

【別写真】今も眞子さまを憂いているという美智子さま

「天皇陛下に用意された、記者からの質問の中に、眞子さまに関するものはありません。しばらくはご結婚の行方が大きく動くということはないでしょうね」

 ある宮内庁関係者はそう安堵の表情を浮かべた。天皇陛下が2月23日、60才の誕生日を迎えられる。それに伴う会見では、国民の大きな関心事である秋篠宮家の長女の眞子さまの結婚についての質問も検討されたが、「陛下が指摘されれば影響力が大きすぎる」(皇室記者)ことで、質問は見送られたという。

 17日には、天皇誕生日当日に皇居で行われる予定だった一般参賀が、新型コロナウイルスの国内での感染拡大が考慮され、中止されることが発表された。

 令和初めての天皇誕生日というおめでたい行事の終了後も、本当に眞子さまの状況に変化はないのだろうか──。

「秋篠宮さまが『皇嗣』になられることを国内外に宣言される、4月中旬の『立皇嗣の礼』まで動きはないという見方もあります。しかし、水面下では、事態が大きく動く“意外なタイミング”が目前に迫っているのです」(皇室関係者)

「上皇陛下がお倒れになったときにはどうなることかと心配しましたが、上皇上皇后両陛下の引っ越しの準備は順調に進んでいます。引っ越し作業は3月末までに終了します。仮住まいとなる高輪皇族邸(東京・港区)の前の歩道には町内会によって『プリンセス・ミチコ』という品種のバラが植えられ、歓迎ムードが高まっています」(皇室ジャーナリスト)

 上皇陛下は1月29日、お住まいの皇居・吹上仙洞御所内で意識を失って倒れられ、ご体調が心配されていたが、「食事もしっかりとられ、日課の散歩も欠かされていない」(別の宮内庁関係者)というから、大事には至っていないようだ。

 目下、両陛下が新居に運び込む荷物を整理する作業が急ピッチで進められている。それが終わり次第、業者によって搬出搬入が行われる予定だ。

「引っ越し作業中は、両陛下は東京をいったん離れ、まずは葉山御用邸(神奈川県)に向かわれます。上皇陛下にとって、毎年決まって2月頃に静養されてきた思い出深い場所です。しばらくそこに滞在された後は、栃木県の御料牧場にも足を運ばれるようです。

 引っ越し作業でお住まいが騒がしくなる3月から4月上旬の期間に、合わせて1~2週間は東京を離れて静養される見込みです。静養が終わり次第、帰京されて高輪皇族邸に入られるご算段です」(前出・皇室関係者)

 4月19日には、秋篠宮家にとって重要な行事「立皇嗣の礼」が控える。この時期は眞子さまにとっても、大きな意味を持つという。

「秋篠宮さまは昨年11月の会見で『何らかのことは発表する必要がある』と述べられ、眞子さまと小室圭さん(28才)の結婚の見通しを発表するように促されました。ただし、『立皇嗣の礼』への影響を考慮し、儀式終了後のタイミングでの発表だろうとみられています。

 その一方で、秋篠宮さまには“結婚の方向性をはっきりさせてから儀式に臨みたい”というお気持ちもあるようです。何より眞子さまご自身も“許されるならば、できるだけ早く結婚を前提とした発表をしたい”というお気持ちを持たれています」(前出・皇室関係者)

 そうなれば、発表のタイミングが、上皇上皇后両陛下が皇居を離れられる時期に重なることも考えられる。

「実は、美智子さまがいらっしゃらないタイミングこそ、眞子さまの結婚が大きく動き出す契機にもなりえます」と別の皇室関係者は語る。

 美智子さまは初孫である眞子さまのことをとにかくかわいがられ、眞子さまが“結婚したい”と思える相手を見つけられたことに大変喜ばれたという。しかし、その相手である小室さんに対して、最初に不安感を持たれたのもまた、美智子さまだったという。

「婚約報道後、小室さんは取材に対して、眞子さまとの電話内容を語るなど、赤裸々に眞子さまとのやり取りを明かしました。正式発表もされていない時期にそのような内容を語ることに、美智子さまは“本当に大丈夫なのか”と心配されていたと聞きます」(前出・皇室ジャーナリスト)

 その後、小室さんの周囲で次々と問題が明るみに出ると、美智子さまは秋篠宮ご夫妻とたびたび話し合いをもたれたという。

「美智子さまは眞子さまの結婚について、家族全体の苦しみと考えられています。また同時に眞子さまが考えを深められるよう、助力するべきだともお考えです。眞子さまの幸せを願うからこそでしょう、美智子さまは毅然とした態度で秋篠宮ご夫妻に繰り返しお気持ちをお伝えになられてきたそうです」(前出・宮内庁関係者)

◆愛孫を思うからこそ 祖母を思うからこそ

 しかし、美智子さまが心配される一方で、小室さんは国民に向けて発表をする前に、ある要求を突きつけていた。

 民放各局が昨年末、眞子さまの結婚についての放送内容を次々に訂正。どれも、小室さんが昨年1月に公表した文書について「小室さんが金銭トラブルについて解決済みであると主張したような印象を与えたが、そうした事実はない」というものだった。

「小室さんの代理人が各局に謝罪と訂正を申し入れた際、『問題のご本人たち』などという言い回しを使い、直接ではないにせよ、眞子さまの存在を匂わせたそうです。

 メディアとしては、眞子さまが報道に不信感を抱かれたとなれば、それは大事であり、即座に対応すべき出来事でしょう。ただし、眞子さまのお気持ちと捉えられかねないことを、ご本人や宮内庁からではなく、なぜ小室さんの代理人から伝えられなければならないのかという違和感は拭えません。秋篠宮ご夫妻もそうした事実をご存じなのでしょうか」(前出・皇室記者)

 誰よりも眞子さまのことを心配されている美智子さまは、そうした小室さんの振る舞いをどう思われただろうか。

「秋篠宮ご夫妻が、眞子さまの強い結婚のご意思を受けて、“そこまで言うなら…”というお考えにもなられているという一方で、美智子さまはいまも憂いを深められていらっしゃると思います。孫娘の一生を左右することであると同時に、皇室全体にも影響のあることですから、美智子さまのご心配は当然でしょう。

 眞子さまとしてもお母さまとは時に対峙することもおありでしょうが、美智子さまの心配を知らなかったことにはできないでしょう。とはいえ、小室さんとの結婚をあきらめる気持ちもない。そうなると、美智子さまに余計な心労をおかけすることのないよう、できるだけ耳に入らないタイミングで発表を進めてしまおうと考えてもおかしくないでしょう。その内容は、“小室さんの留学の終了を待って結婚をするので静かに見守ってほしい”というものになるとみられています」(前出・別の皇室関係者)

 振り返ると、小室さんが前述の文書を発表したのは、美智子さまが葉山御用邸で静養されているときだった。美智子さまは葉山で文書を読まれ、読後には言葉を失われたと伝わっている。

 それから1年以上が過ぎた。眞子さまはいつ大きな決断を下されるだろうか。

※女性セブン2020年3月5日号

あわせて読みたい

「眞子内親王」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  5. 5

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  8. 8

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  9. 9

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  10. 10

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。