記事

加藤紗里「もう絶縁したい…」実父が“炎上商法”に憔悴告白


「『こんな“まともな人”が紗里と結婚してくれた』、お相手のOさんと初めて会ったときは、ほっとしました。でも、あっという間に離婚してしまって……」

悄然とした様子で語るのは、広島市でステーキ店を営んでいる加藤正明さん。“お騒がせタレント”として発言が炎上を続けている加藤紗里(29)の実父だ。かつてお笑いタレントの狩野英孝(37)に二股をかけられたという騒動で話題を集めた加藤。昨年9月には不動産会社経営者・O氏(36)と結婚したものの、わずか3カ月で離婚してしまった。正明さんが続ける。

「娘のことを悪く言いたくはないのですが、かばい続けるのに疲れたのも事実です……。一生懸命育てたつもりですが、昔から男性関係は奔放なところがありました。だから結婚してくれたときにはうれしかったのです。紗里から『紹介したい人がいるから』なんて言われたのは、初めてのことでもありました。でも思えば昨年11月にOさんとお会いした直後から不穏な空気が漂っていました。紗里から手にアザができている写真が送られてきたのです。Oさんとケンカになってもみ合ったときにできたものだったそうです。紗里が言うには、結婚後にOさんのモラハラがひどくなったそうです。携帯電話を執拗にチェックしたり、『今日は誰と会ったんだ』とか、問い詰めてきたり……。結局それで12月には離婚してしまいました」

それもショックだったが、さらに正明さんを打ちのめしたのは、離婚後に娘から妊娠していることを打ち明けられたことだったという。

「1月に紗里が泣きながら電話をしてきて、『妊娠しているみたい』と……。東京に飛んでいきました。娘は全部、自分で発信していますからね。離婚や妊娠について、うちにも取材がきました。ある週刊誌さんが(ステーキ店に)来たとき、困惑しているということだけを少し話したのですが、いろいろ事実関係が間違った形で記事として報じられてしまって、紗里からも“(父が語った)記事はフェイクニュース”と言われてしまう始末です。ですので、いまの自分の気持ちをきちんと皆さんにお伝えするためにも『女性自身』さんにお話ししようと思ったのです」

正明さんが、いまいちばん心配していることは、生まれてくる孫のことだ。

「確かに紗里の金遣いもひどかったと思います。しかし、それはOさんも承知のうえで結婚したのでしょうし、生まれてくる子供には罪はないはずです。紗里も母親としてきちんと育てていくべきですし、Oさんにも父親として最低限の責任はとってもらいたいです。ですから私からOさんに連絡をとろうと努力したのですが、ある時期から彼からの返信もなくなってしまいました」

正明さんのインタビュー後に本誌もOさんに取材を申し込もうとしたのだが、やはり返信はなかった。

「紗里も(SNSで)Oさんのことは、面白おかしく話しています。だから怒っているのかもしれませんが、子供のためにも話し合いだけはしてほしい。でも2人とも話し合いの場を持つ努力をしようともしません。そのことに私は怒っているのです」

そんな状況で浮上してきたのがが、おなかの赤ちゃんが、Oさんではなく、加藤が不倫していた人気ユーチューバー・A氏との子供ではないかという疑惑だ。加藤は朝日新聞のオンラインメディア「AERA dot.」のインタビューで、“父親”については明言しなかったものの、A氏との関係を次のように語っている。

《確かに恋人関係にはありましたが、それは結婚する前のことです。(中略)彼と付き合っていたのは、あくまでも籍を入れる前までです。だから不倫ではありません。結婚後から現在まで、ビジネスパートナーとしての関係は続いています》

さらにユーチューブの生配信で、加藤がA氏の名前をポロリともらしてしまい、また大騒ぎに……。正明さんは、その不倫疑惑について、娘に直接聞いたという。

「紗里に問いただしたところ、父親はやはりOさんだと言っていました。生まれてくる子が大変な状況にあるのに、今度は“子供の親は誰か”が問題になって……。紗里が何か話すたび大騒ぎになることで本当に困っているんです。いわゆる“炎上商法”といわれるものなのでしょうか。これ以上、こんな騒ぎが続くようなら、もう親子の関係を絶縁したいです」

勘当まで考えた正明さんだが、生まれくる孫の存在が最後のブレーキになっているようだ。

「でも娘はこう言うのです。『シングルマザーになるんだから、おなかが大きくなる前に働かなくちゃいけない。こういうキャラなんだから、それを押し通していかなくちゃいけない』。私も娘のいまのキャラクターは本当に嫌ですが、“子供のため”と言われると、黙らざるをえません。まぁ、私のこのインタビューを読んで、紗里はまた何か言ってくるかもしれませんが……」

孫が誕生するまであと半年ほど。正明さんの苦悩の日々はまだ続きそうだ――。

「女性自身」2020年3月3日号 掲載

あわせて読みたい

「加藤紗里」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  2. 2

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  3. 3

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  6. 6

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  7. 7

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  8. 8

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナ名目で個人情報集める国家

    飯田香織

  10. 10

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。