記事

クルーズ船と入国制限の初動対応、危機管理について

横浜港に停泊する「ダイヤモンド・プリンセス」は、 日本企業が運航しているものの、イギリス船籍 ですから、感染の疑いのある乗船者の検査や 感染拡大の措置を講じる義務は、日本には ありません。

 くだんの内容は昨日の日経新聞にも記事があり、 また、一週間前のニューヨークタイムスとかは、 日本政府の対応を、公衆衛生のダメな例とか、 刑務所まがいとか激しく非難した記事がありました が、今回のクルーズ船対応は、冷静なる検証が 必要であり、今後の対応に生かしていくことが 大切です。

 唯、間違いなく、決定的重要な課題は、 クルーズ船内の健常者を守ることでした。
 検疫後に船内での感染拡大は無かったと、 国立感染症研究所は報告書を昨日公表しましたが、 それにしても、横浜港の隔離対応が、ある方の 言葉を借りれば、海に浮かんだ武漢状態であり、 高齢者が8割で、密封された船内での環境は、 感染しやすい状況であった可能性は否定できません。
 また、中国からの入国制限の遅れも指摘され 続けています。 

 我が国が入国制限をしたのは、2月1日でした。
 1月31日時点で、中国国家移民管理局公表資料で、 入国制限している国は、北朝鮮、フィリピン、マレーシア、 カザフスタン、シンガポール、モンゴル、北マリアナ諸島、 スリランカ、マーシャル諸島、サモア、ロシア、 パプアニューギニアの12か国です。

 危機対応は国家の真価が問われますから、クルーズ対応 と入国制限対応は冷静なる検証が必要です。
 
 ちなみに我が国同様、2月1日に、入国制限が記載 されている国は、オーストラリア、赤道ギニア、チェコ、 クウェート、米国、アルメニア、ベトナムです。

 これらの国を概観すると、個別事情は当然あるでしょうが、 中国からの何らかの入域制限をしたのは、 小国か、隣国か、医療体制が脆弱か、中国国内の感染症に 対するインテリジェンスが発達していたのか、 等が考えられます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  8. 8

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    官僚の働き方 仕事の質改善が先

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。