記事

エアロゾル感染

 中国政府は新型肺炎の診療指針に関して、従来の飛沫感染と接触濃厚接触に加え、唾液や涙などの微小な粒子からも感染する可能性があるというエアロゾルという空気感染の一種の疑いも指摘しています。

 横浜港のクルーズ船内の感染拡大もその恐れがあったのか検証が必要でしょう。

 元来、検疫、Quarantineという言葉は、フランス語の、Quarante、数字の「40」という意味とも重なり、イタリアの古い方言では、「40日間」という意味となり、その語源は、疫病の疑いのある船を、潜伏期間の40日間、強制的に停泊させるという意味もある様です。

 人類が未だ解明していない感染症ですから、新事実が解明され次第、情報、知見を共有し、対策に取り組んでいくスピード感と連帯力が必要ですし、冷静に一定の期間を見据えながら事実解明をするというスタンスも双方、大切です。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  4. 4

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  5. 5

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  6. 6

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  7. 7

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  8. 8

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  9. 9

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  10. 10

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。