記事

調整力のない個人の正義 高山先生の岩田先生の行動解説 正義を振りかざし周りと調整できない専門家と、現状なんとか結果を出そうとする調整力を持つ専門家

私も煽られ記事にしたに岩田先生の動画。さすがにテレビでも取り上げられましたし、野党も政府を責めています。そこでの橋本副大臣のツイートはさらなる炎上を呼び、岩田先生の当初の目的ははたされているでしょう。

検疫官、DMATが感染してしまった事実は、岩田先生があの動画で指摘する現場の不完全さを証明しているでしょう。事実、NHKニュースで取り上げられていた感染防御対策がみんな少しいい加減だったというDMATの医師のコメントはそれを担保します。

ただあの日本国籍ではないクルーズ船内部では、このような一見できの悪い、質の悪い対応しかできなかった可能性があると言うことを、岩田先生を内部に入れた張本人として高山先生がFBに記事を載せています。(岩田 健太郎先生の動画を拝見して

そしてその記事に対するコメントを見る限り、岩田先生の人間性が見えてきます。それは以前に取り上げた高山先生のFB記事のコメント欄でもみられた、正義を振りかざし周りと調整できない専門家と、現状なんとか結果を出そうとする調整力を持つ専門家と言う日本の縮図がそこに垣間見えます。

>もちろん、岩田先生の豊富な経験を否定するものではありません。ただ、DMATや自衛隊、検疫所など多様な組織が重層的に活動している特殊な環境ですから、まずは慣れていただくことを優先するよう私は求めたのです。

>ただ、船には、DMATのみならず、厚労省も、自衛隊も、何より船長をはじめとした船会社など、多くの意思決定プロセスがあります。その複雑さを理解されず、私との約束を反故にされました。せめて、私に電話で相談いただければ良かったんですが、そのまま感染対策のアドバイスを各方面に初めてしまわれたようです。

>結果的に何が起きたか・・・、現場が困惑してしまって、あの方がいると仕事ができないということで、下船させられてしまったという経緯です。もちろん、岩田先生の感染症医としてのアドバイスは、おおむね妥当だったろうと思います。ただ、正しいだけでは組織は動きません。とくに、危機管理の最中にあっては、信頼されることが何より大切です

他国籍の地方自治体の長と同じ立場という船長をサポートしながら、強制力が弱い日本の厚労省が実施する検疫において、感染症医療が専門ではない災害医療のDMATが内部の医療に対応し、その後自衛隊がサポートをするという本当ある意味調整の難しさが出ている難しい事象です。(これだけ書いているとやはり初動が、、)

そこに市中とは異なるあっという間に拡大する船の中の感染事案の特殊性、そして不顕性感染患者でも感染させるという今までにない新型コロナウイルスの特徴、というさらに単純な感染症対策では対応できない複雑性が組み合わさっていたこのクルーズ船事案。そこに自分の専門だけでしか判断できない後出しジャンケンを振りかざす感染症だけの専門家が派遣され、自分の正義を振りかざしても周りがついて来れなかったという事案だということがわかりました。

信頼できる知識を持つという教授という立場から、きっと彼がこのような行動をとるにはどうしようもないことだったのだろうと判断してしまったことに、私も世の中を単純化したい人間の性が出てしまったと思います。

今回の1番の教訓はチーム医療ができない専門家の取り扱いの難しさです。そんなことは彼の人となりを知っていた方から見れば当たり前だったのでしょうが。

ただなぜこのクルーズのミッションの失敗の原因、そして正解はなんなのかの分析は必要です。彼が起こした波をどうかうまく活用して欲しいと思います。そこにはCDC作成しかないのでしょうが。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  2. 2

    コロナ重症化と喫煙 関係に注目

    水島宏明

  3. 3

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  4. 4

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  5. 5

    疲弊する公務員 報酬増で応えよ

    毒蝮三太夫

  6. 6

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  7. 7

    マスク推奨すべきか 欧米で論争

    飯田香織

  8. 8

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  9. 9

    補償なく自粛を要請 著名人怒り

    女性自身

  10. 10

    2021年五輪開催は政権の末期症状

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。