記事

コロナウイルス対応よりも地元行事が大事なのか

コロナウイルス対策より、地元の後援会等関係行事が大事なのか。

2月16日に開催されたコロナウイルス感染症対策本部(閣僚級)の第10回会合を、3人の閣僚が、「地元行事」という理由で欠席していたということが明らかになりました。

小泉環境大臣、森法務大臣、萩生田文科大臣です。いずれも後援会、あるいは支援者関係の会合のため欠席したと。

新型コロナウイルス肺炎への対応がこれだけ深刻な状況になっている中、閣僚級の会議を欠席するという判断は全く不適切です。

ところが、これら3人の大臣は、今日国会で問われても、責任を全く感じていないようで、その無責任さには驚かされました。

このような内閣の感覚が、政府の後手後手の対応を招いてはいないか。明日以降も国会でさらに追及していかなければなりません。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  3. 3

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  4. 4

    ニューヨークは数日で医療崩壊か

    藤沢数希

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    月初封鎖? 怪情報に惑わされるな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    4月から事実上「首都封鎖」に

    NEWSポストセブン

  8. 8

    志村さん死去 最後まで仕事の鬼

    常見陽平

  9. 9

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  10. 10

    みずほシステム統合に19年の苦闘

    Dain

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。