記事

コロナウイルス対応よりも地元行事が大事なのか

コロナウイルス対策より、地元の後援会等関係行事が大事なのか。

2月16日に開催されたコロナウイルス感染症対策本部(閣僚級)の第10回会合を、3人の閣僚が、「地元行事」という理由で欠席していたということが明らかになりました。

小泉環境大臣、森法務大臣、萩生田文科大臣です。いずれも後援会、あるいは支援者関係の会合のため欠席したと。

新型コロナウイルス肺炎への対応がこれだけ深刻な状況になっている中、閣僚級の会議を欠席するという判断は全く不適切です。

ところが、これら3人の大臣は、今日国会で問われても、責任を全く感じていないようで、その無責任さには驚かされました。

このような内閣の感覚が、政府の後手後手の対応を招いてはいないか。明日以降も国会でさらに追及していかなければなりません。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。